恋愛工学

恋愛工学

勝てる相手と戦っても意味がない。レベルの高い相手と出会うことで強制的にレベルが引き上げられる説

子どもの頃を振り返ってみれば、短距離走では、自分よりも遅いグループで走った時は1位になれるがタイムは伸びないが、結果的に1位になれなくても自分よりも速い相手と走った時には、タイムはよかったように思う。
クラブナンパ

日本式ピーコックセオリーはさりげなく目立つ

恋愛工学の祖でありナンパの達人であるミステリー氏のナンパ理論にピーコックセオリーというものがある。
恋愛工学

ナンパ用語PUA(ピックアップアーティスト)とは?

恋愛工学の祖である米国のナンパ師ミステリーの書いた「口説きの教典」には、PUA=ナンパの達人と記されている。
マインドセット

その一歩を踏み出さないのは優しさでもなんでもない

好きなタイプは優しい男と答える女の子は多い。それで男は優しさというものを勘違いしてしまって、最後の最後で臆病者になってしまうことがある。
ナンパテクニック

ナンパでは下手クソなディスり文句ならいらない

ノースリーブのブラウスを着た仕事帰りのOLに声を掛けた時、俺は意図せずして彼女を嫌な気持ちにさせてしまった。
マインドセット

あらゆる恋愛テクニックには好意という前提条件が必要になることを忘れてはならない

恋愛テクニックのひとつに相手を意図的にディスるという方法がある。
恋愛工学

本当に欲しかったのは安らぎで、ゲームのような恋愛ではそれは手に入らなかった

ナンパのスキルを手に入れて自分の型がわかるようになると、その気になればいくらでも経験人数を増やすことができるようになる。それはうらやましい話のように思えるかもしれない。
長く付き合う

モテないのにまぐれでかわいい子と付き合うと意外につらかったりする

かわいい女の子と付き合うことは男の人生の夢の一つだ。街中を歩くいけてない男の隣に美女が笑っていれば、それだけで俺たち男は発狂するほどw
恋愛工学

恋愛はゲームだとドヤ顔で言っちゃう奴がキモいだけで恋愛工学は悪くない

「ザ・ゲーム」(ニール・ストラウス)や「ぼくは愛を証明しようと思う。」(藤沢数希)によって広まった恋愛工学の考え方だが、熱心な信奉者がいる一方で批判対象にもなっている。