出会ったばかりの人の呼び名。恋人の呼び名。ナンパした相手の名前をちゃんと呼ぼう

ナンパテクニック

恋愛と名前は切っても切れない関係にある。相手の名前をどう呼ぶかによって2人の関係性がわかるというほどに重要なもので、名前の呼び方は意識してアプローチに組み込むべきものである。

あなたは子どもの頃友達にどんな呼び方をされていただろうか?

名字で呼ばれていた人もいるだろうし、下の名前で呼び捨て、君付け、特徴からきたあだ名で呼ばれていた人もいるだろう。屈辱的なあだ名もあったかもしれないし、好きな子に呼ばれてうれしかった呼び名もあるかもしれない。名前は自分が他人に呼ばれるだけでなく、自分が誰かを呼ぶ時にも使うものである。それで自分が誰かを呼ぶ時には、誰かれ構わず呼び捨てということはないだろうし、パッとあだ名をつけるわけでもないだろう。呼び名は相手によって変えるはずである。目上の人に対してはさん付け、女の子に対しては親しくなければ名字のさん付け、コミュニケーション力に長けている人は下の名前でちゃん付けすることもあるだろう。

数ある呼び名の中でも下の名前を呼び捨てで呼ぶことは、特別な意味を持つ。名字の呼び捨ては珍しくないが、下の名前を呼び捨てにされることは大人になるとそうそうない。それどころか大人になると、とくに男の場合、下の名前を呼ばれる機会が減り、下手すると自分で自分の名前を忘れかねないwどんな場合に下の名前を呼び捨てにされるかといえば、家族や恋人に呼ばれる時だろう。とくに親しい人という意味である。これは恋愛対象にアプローチする時にも使える。名前の呼び方を意識するだけで距離を縮められる可能性がある。恋愛対象の女の子に対しては、さん付けは論外だが下の名前をちゃん付けで呼ぶか呼び捨てにしたほうがいい。ポイントはちゃんと名前を呼ぶこと。名前を聞かない人はいないだろうが、せっかく聞いた名前を呼ばないという人はいると思う。ただ名前を呼び捨てで呼んでも、遊び慣れている相手だと特別な意味を持たないことが多いが。

この名前の呼び方は1つのテクニックとして、はじめに呼んだ名前から途中で他の呼び名に変えることで、相手に親密度が変わったことを意識させることが可能になる。名字のさん付けだったり、名前の呼び捨てだったのがあだ名に変わったり。人はふつう出会ったばかりに頃は距離があって、名前もさん付けなどのことが多いが、親しくなったり付き合ったりすることで呼び名が変わることもある。これを利用して意図的に呼び名を変えることで、無意識下に親密になったんだと思わせる。俺は充分に和んで相手に接触する段階に移動する時に、意図的にあだ名で呼んだりすることがある。会話の中で今まで呼ばれてうれしかったあだ名を聞いておくのもいい。名前を呼ぶという当たり前のことからも距離を縮められるように工夫をしよう。