ナンパがうまくなりたいなら絶対にファッションに気を使うべき3つの理由

身だしなみ

人は身に着けているものによって周囲に、自分はどんな人間かというメッセージを発信しているというのは「モテる技術」の考え方である。

モテたいならファッションは避けて通れない

サラリーマンは皆同じようにスーツを着ることでサラリーマンであることを周囲に知らせている。

スーツで女の子に声を掛ければちゃんと仕事してるんだなと間接的に知らせることができるし、何か取引をする時もチャラチャラした茶髪の若者よりもスーツを着た男のほうが信頼されやすい。

就活生は地味なスーツを着て画一化されていて、遠目で見てもそれとわかる。

ホームレスは店内に入って来ただけで一目でホームレスとわかる身なりをしている。

 

そしてモテる奴はモテる服装をしているしモテない奴はモテない服装をしている。

自慢になってしまうが、俺は中学生くらいのオシャレに気を使いだした頃から今にいたるまで男女ともに数え切れないほどオシャレだねと言われてきた。

それでナンパの成功率も上がってきた。

 

だからこそ言いたい。モテにオシャレは必須だと。

 

なぜオシャレな男がモテるかと言うと、女の子はみなオシャレが好きだからである。

人は同じ土俵で物事を見ている時には優勢の判断がつきやすくなる。ゲームをやらない女の子相手に自分がどれだけゲームが強いかを力説してもスベるのがオチだろう。釣りをやらない女の子の前で大物を釣り上げても、それさばけるの?さばけるの?私触れないよと言われて終わりだろう。

 

しかしファッションは違う。ファッションであれば女の子の中に明確な判断基準がある。

なぜなら女の子は生まれてこのかたオシャレを追い求め続けているからである。

ショッピングモールに行けば男の洋服屋の何倍もの数の女性服店がある。男性服の店に入ると貸し切り状態のこともあるが、女性服の店は満員電車状態のこともある。

男はモテるために嫌々洋服を買いに行ったりするが、女の子にとって洋服とはモテるためにあるだけではなく、この世知辛い世の中を強く生き抜くための鎧でもあるのだ。

階段をのぼる時にパンツが見えてしまいそうなミニスカートも意図的に透けさせる見せブラも、街行く男を引き寄せようというよりも女の子自身がいい気分でいたいから着ているのだ。ではまとめていこう。

1.モテ服を着ることでモテる男を演じる

制服効果ご存知だろうか?

人間は着ている服装に沿った役割を演じようとする傾向にあるというものである。

警察服を着ればビシッとした言動になるのに対してボサボサの髪でボロボロの服を着れば周囲の目に無頓着になるといったように。

 

これはモテにも使える。あなたが家でどれだけダラしなく過ごしていたってそんなことは街中の女の子にはわからない。

女の子が判断するのは女の子の目にうつるあなたなのだ。

だからナンパしようという時にはモテ服を着てモテる男を演じよう。

 

どんな服装がモテる服装なのかは言葉では説明しづらいから本屋に行ってメンズファッション雑誌を参考にしてほしい。

ただファッションは人を選ぶから見たものをそのまま真似しても滑稽なファッションになってしまう可能性もある。

モデルが着てたものと同じものを買ったのに自分で着てみたら全然違うということがあると思う。

この場合に違うことで問題になっているのは顔ではなく体型とサイズである。体型が細身であればオシャレな雰囲気は出しやすい。

 

しかしだからと言ってがっしりとした体型がダメということではなくて、大事なのは己を知ることである。自分に合ったファッションを見つけよう。

マッチョがタンクトップを着るのは異性同性関わらず評判の悪い服装1位だが、己の強みを活かすという点では理にかなっている。多数派には敬遠されるかもしれないが熱烈な筋肉フェチを惹きつける可能性はある。

2.オシャレすることで興味を惹きつける

ナンパをする人にとってオシャレは武器の一つである。

それはトークと変わらない。

 

ナンパを極めるというとみんな口をそろえてトークを極めると言って、トークがうまくなければナンパ師として認めれれないといった風潮すらあるが、極端な話トーク力が0でも他の何かで女の子を惹きつけられるならそれはそれでいいはずである。

 

大事なのは女の子に興味をもってもらうことで、その方法は明らかにスベってるような受け売りのセリフを無理して言うことである必要はない。

ファッションは第一印象で目に入る重要なものなのにそこを伸ばそうとしないのは意味不明。ファッションを変えるだけで反応率だって全然違うのに。

3.自分の気持ちを高める

これは制服効果と若干かぶっているが、オシャレすることで自信を持って、その結果自信を持った声掛けができるというのである。

あとはベタだけど勝負パンツを履くというのもある。定番の赤いパンツでもいいしめちゃくちゃ高いパンツでもいい。このパンツの話題共有してぇと思えば、何が何でも即してやると気合いが高まるはずである。

ファッションとか外国語なみに意味不明というのであればメールくださいw