【ナンパと自信】ナンパの終焉が近づくと内に内に入っていく

マインドセット

ナンパの成功はマインドセットによって大きく変わる。

ナンパをやればやるほどその重要性に気付くだろう。

自信のある男と自信のない男では、
ナンパの成功率が全然違う。

成功率以前に自信のない男は、見知らぬ女の子に声を掛けることすらできないことが多い。

だから街中でナンパをしている人は

  • 自分に自信がある
  • 自信はないけどどうしても自分を変えたくて飛び込んでいる
  • 仕事で仕方なくやっている

のどれかだと思う。

声を掛けるのにも成功率にも影響がでるとなれば、自信をつける以外に道はない。

ナンパで成果を出している人は、
みんなナンパと自信の関係を知っている。

ナンパは声を掛けなければ何も始まらないから、とにかくまず声を掛けるために、ナンパを始めたばかりの人は自信をつけなけきゃならない。

自分に自信を持てたら、ナンパしてみようと思えるし、そう思えたら声を掛けてみて、あとは成功するまで声を掛け続ければ必ず成果が出る。

めちゃくちゃ大切な自信だけど、
その自信は初期の段階を超えた後にも重要になる。

ナンパはうまくなればなるほど、
声掛けの数が少なくても成果を出せるようになる。

ナンパは確率の問題だから、声を掛け続けることが大事で、よく目安として100人に声を掛ければ1人とはSEXできると言われている。

だから失敗しても落ち込まずに声掛け続けろって。

それは本当だけど、毎回毎回100人近くに声掛けなきゃなんなかったったら、マジできついw

俺だったら絶対にやめるw

100人に声掛けるって想像を絶するよw

じゃあなんでナンパを続けられるかというと、ナンパはうまくなればなるほど少ない数で成果を出せるようになるから。

100人に声掛けて1人だったのが50人に1人になる。

50人に声掛けるのも多すぎるくらいで、1人1人丁寧に声掛けたら、10人でも多いくらい。

当たり前だけど、
スキルが上がればそれだけチャンスが増える。

腕のない頃はガンシカで1カウントしてたのが、ガンシカを崩せるようになって、SEXまでいければ

1人目 ガンシカだったのが

1人目 即に変わる。

そこまでいかなくても、初期の段階ではもうちょっと押せば連れ出しまでいけるところを自分から引いちゃうことが多いから、その取りこぼしをなくせる。

ナンパのうまい人がブログで1日2即3即達成と報告してることがあるけど、それは本当だと思う。

ナンパがうまくなれば、少ない数で成果を出せるようになるから、そんなのもできるようになる。

ナンパがうまくなって、少ない声掛け数で成果を出すためには、経験やスキルが大事なんだけど、それ以上に大事なのがマインドセット

これは初期の段階で重要な要素だけど、レベルが上がるにつれて、本当に重要だとわかるようになる。

ナンパは街中やクラブに行ってからスタートだと思われている。

だけどそうじゃなくて、
ナンパは朝起きて夜寝るまでずっと続いている。

出会った女の子が誰でも対象という話じゃなくて、ナンパにおけるマインドセットは、ふだんの生活のいろんな場面で高まるし、最悪の場合消えてなくなる。

サラリーマンなら仕事でミスをして落ち込んだ帰り道にナンパするのと、仕事で大きな成果を上げてハイテンションの帰り道にナンパするのとじゃ、ナンパのしやすさが全然変わっくる。

レベルが上がるのつれて気付くようになる。

ナンパはナンパしようと思う時がスタートじゃない。

ナンパの成功率は、
今この瞬間からあなたがどう生きるかによって変わる。

財布に10万円はいっているときと、1円しか入っていないときじゃ、ナンパのマインドセットが全然違う。

それを笑いに帰る自信があるならまだしも、やばいと心で思ってるならナンパはうまくいかない。

そんなこと思ってるくらいなら、
さっさと働いてそれからナンパしたほうがいい。

ナンパがうまくなればなるほど、
この普段の生活に重点を置くようになる。

ナンパを始めたばかりの頃が、「街に出てナンパすることの重要性」9:1「マインドセット」だったのが、「街に出てナンパすることの重要性」3:7「マインドセット」になっていく。

闇雲に声を掛ける段階から離れる段階がくるということ。