1人でクラブに行く時はHAPPY HOURで入らないほうがいいという個人的な見解

このブログを読んでくれている人たちの中には、俺もナンパしてみようと考え、1人でクラブに行ってみようという人もいるだろう。

東京のナンパができるクラブを前提に話すと、クラブは入る時間帯によって入場料が変わることが多い。

オープン直後に行くと安くて、深夜遅くに行くと通常の料金になるといった料金システムがある。テーマパークなどでは、入場する時間が早いほどに、遊べる時間が長くなるため料金が高くなる、というか正規の価格になり、入場時間が遅くなるほどに安くなるが、クラブではその逆になる。

なぜ逆になるかと言うと、クラブの楽しさは、長くクラブ内にいることではなく、盛り上がっている瞬間にクラブ内にいることで測れるからである。

 

クラブが盛り上がるのは25時半くらいがピークで、オープン~終電がまだある時間帯はそこまで盛り上がっていない。

クラブというのは、家を出てから友達と待ち合わせて直行する場所というよりは、他の場所で飲んだり遊んだりした後に、明日は休みで予定ないから今日は朝まで遊ぶぞという位置づけにあることが多いから、そういう人たちは終電がなくなるくらいまでは他の場所で過ごしている。

終電を逃して、どっか泊まるくらいならクラブで遊ぶかという人たちもいる。クラブもクラブで、オープン直後の人の少ない時間は、まだあまり人気のないDJがまわしていたりする。

 

しかしクラブのほうでも、全く客が入らないというのも看過できないから、オープン直後は、エントランス料金を安くして客を呼び込もうとしている。

具体的には、通常料金が3000円のところで、オープン~2時間ほどは1000円といったシステムである。

これはけっこう安い。俺も大学生の時にはこのHAPPY HOURで入っていた。

しかし、このHAPPY HOURは、1人で行く時には少し問題がある。

なぜならこの時間帯は、先ほども言ったように全く盛り上がっていないからである。

盛り上がっていないという言葉の意味は文書では伝わりづらいが、ピークの時に数百人収容できるクラブ内に、オープン~1時間ほどは、極端な話、両手で数えられるくらいの人しかいない。

時間が経つほどにポツポツと1人また1人と人数が増えていくのであるが、1人で行った場合には、人が増え、誰が誰と来ているかわからなくなるまで、あいつ1人で来たんだなと思われているんだろうなという自意識と向かい合っていかなければならない。

この時間に踊っている人は、普段からダンスをやっているような人しかいないから、おそらく隅の方で佇んでいることになるのだが、これがまるで道に佇む電柱になったような気分なのである。

早い時間からクラブ内にいることで、身体が温まり場の空気を読め、ピークの時間になった時に、その時やってきた人たちよりも素早く動けるという利点があるが、1人で行く場合には、この無の時間を過ごすことによって、テンションがだだ下がりしてしまうという恐れがある。

だから1人で行く場合には、いくら安く入場できるからといって、この無の時間を過ごすのは避けたほうがいい。

では何時に入場するのがベストかというと、クラブに行くまでにテンションを上げて、ピークの時間に入場するというのが答えになる。

しかしこれにもまた問題があって、終電直後からピークの時間帯(25時半くらい)は、クラブのエントランスが入場待ちの人たちで混んでいる可能性があるというデメリットがある。

1人でクラブに行く人にとっては、早く入りすぎてクラブ内がガラガラという恐怖もあれば、エントランスの長蛇の列の中、1人で並ぶという恐怖もある。

まぁ1人で来ている人は思いのほかたくさんいるから気にしなくていいが、気にしなくていいと思うのと、実際に並んで気にしてしまうことの間には、現実と空想という埋めることのできない隔たりがあり、それゆえ、どうしたって気にしてしまうことはある。

それで、入場するまでにテンションが下がって、全く声を掛けられなかったらもったいない。このエントランスの列に並んでいる時ほど、1人でいることを意識する時間はない。だからベストはピークの時間に合わせて入場することだが、エントランスの長蛇の列などでテンションを下げるのを避けるために、

  • Happy Hour終了~終電前の時間帯
  • 26時過ぎくらい

このどちらかを選択するのが良いのではないかと思う。1人で26時過ぎまでどこにいるんだよ?という話ですがw俺はたまにやるんだけど、遅い時間帯になるまでクラブに入らず、深夜営業のファミレスや漫画喫茶などで体力温存して、遅い時間帯に合わせてクラブに入るというのをやる。

遅い時間帯になるとナンパが雑になってきていたり女の子がそういう雑なナンパにイラついてたりするから、このタイミングでクラブに入るとおいしいとこ取りできる可能性は高い。

この時間に融通が効くというところなんかは、まさに1人で行くことのメリットなんじゃないかと思う。

コメント