CDが売れない時代 未だにCDシングルを販売しているCD業界は時代遅れ感がすごい

「CDが売れない」というのは、ここ何年かずっと音楽業界関係者の間で言われていることだ。

音楽業界関係者は「デジタル化の弊害」とか「違法アップロード」がどうとか言っているけど、俺はそれは大きな原因ではないと思う。

 

俺はシングルCDを売るのはもうやめるべきだと考えている。

 

たしかにitunesやyoutubeによってリスナーは、「CDを買わずとも音楽を聴ける」ことを知ってしまった。

だけどこの時代、コンテンツがデジタル化するのは時間の問題だった。

 

そういう必然的な流れの中で、未だに馬鹿の一つ覚えみたいにシングルCDを販売している音楽業界は意味がわからない。

 

 

CDが売れないのは欲しい人がいないからだ。

なぜ音楽業界はそれを理解しないのか?

 

 

 

CDに握手券を入れて売る商法を「AKB商法」などと言ったりするけど、俺はAKB商法はCDの売り方としては決して悪くない売り方だと思う。たしかにAKB商法によって売れたCDは握手券が抜き取られた後ゴミ箱行きになったりするかもしれない。

 

だけど付加価値をつけるという点においては理にかなっている。

なぜなら音楽が1曲数百円1クリックでダウンロードできたり、youtubeで無料で聴けたりするこの時代、本質的には曲自体に価値がないからだ。

 

 

だからCDに何かをつけて切り口を変えて売るというのは理にかなっている。

 

 

だいたいこのデジタル時代に誰がCDを再生させて音楽を聴いているのか俺は知りたい。

CDシングルなんて買っても、パソコンに入れたら後は棚行きだろ。ただでさえ若者は経済的に苦しいっていうのに、データを送るだけのシングルCDなんて買う理由がない。それに今は「物を持たずにミニマムに生きる」という時代の流れもある。

 

CDなんて生活必需品でもなんでもないのだから、様々な欲望が飛び交う現代では購入の優先順位なんてめちゃくちゃ低いんだよ。

 

だから俺はCDシングルはもう販売するべきではないと思っている。

 

 

これからの音楽業界は広告モデルを主体とするのが良いのではないかと俺は考えている。

 

 

音楽業界はもっとyoutubeを利用するべきだと思う。

せっかくPVを作るならyoutubeを利用してもっと曲を発信するべきだ。曲についての紹介などもアーティストが自ら出演してyoutubeで発信するべきだ。公式でアップロードすれば、リスナーは違法アップロードのチャンネルには流れない。

 

そして同じ事務所に所属する似たようなアーティストの関連動画でリスナーを囲えば、他のアーティストも効率的に売り出せる。リスナーは似たような音楽性の他のアーティストも好きになる傾向にあるからだ。

 

どんなに良い曲を作っても、聴いてもらえなければ何の意味もない。

「売れない」とか嘆く前にマジでこれを理解するべきだと思う。

 

どんなに売れないバンドだって1曲くらいはキャッチーな曲を持っている。だけど多くのバンドはそれを世に出すこともなく消えていく。

 

「メジャーになると音楽性が変わってしまう」とか「好きなことを歌いたい」とか売れないアーティストは言うけれど、結局のところ全ての基準は売れるか売れないかだ。

 

日本では多くの場合良い曲が売れるわけではない。

そもそも良い曲なんて誰にもわからない。

 

日本のリスナーの多くは、「みんなが聞いている」とか「最近テレビで見るから」とかそういう理由で音楽を聴いているだけだ。

曲そのものなんてこれっぽっちもわかっていない。もちろん俺もわからない。

 

純粋に曲が好きという人もいるかもしれないけれど、それは少数で、多くの人たちは追随派だ。

「友だちが良いって言っていた」

「テレビで見てかわいかった。かっこよかった」

 

良い曲だから売れるわけじゃない。

人目に付いたから売れるのだ。

 

 

売れさえすれば、

ほんの片手間で作った曲であっても良いと言ってくれる。

お笑いだってそうだ。

売れさえすれば、

ちょっとした一言に笑ってもらえる。

 

だから俺は、アーティストは何よりも売れることを最優先にするべきだと考えている。

 

だからそのためにもまずは、

シングルCDなんて無駄に出していないで少しでも多く露出するべきだ。

 

 

そして少しでも多くの濃いファンを作るべきだ。

 

 

俺が考える音楽業界のビジネスモデルはこうだ。

 

1.これまでシングルCDとして販売していた曲をyoutubeなどで無料発信して新規ファンを獲得する。制作費用などは、全ては賄えないだろうけど広告収入からペイする。そして無料配信曲の製作費は従来のような製作費ではなく新規客獲得のための広告費として費用計上する。ここ大事。無料配信曲のミーハー層には商品を売ることは期待せずに広告収入源として扱う。

2.濃いファンに対してアルバムやグッズ、ライブチケットを販売する。この際従来の価格よりも価格を大幅に引き上げて利益を出す。俺はシングルCDが1000円というのは高過ぎると思っているし、アルバム3000円というのは安過ぎると思っている。

3.ファンクラブで濃いファンを囲い込み、利益率の高いグッズの販売、配信限定曲の販売などで利益を出す。

全てのアーティストのファンクラブに入ったことがあるわけじゃないからあまり言えないけれど、アーティストはファンクラブを全く有効活用できていない。少なくとも俺が知る限りは。

チケットの優先販売とか1月に1度片手間で撮影した写真みたいなものを送ってきたりして、全然有効利用できていない。

 

コンタクトがあまりにも少ないし、サプライズもないからせっかくファンクラブに入るようなファンでも、1月の間に自分がファンクラブに入っていることさえ忘れてしまったりする。本当にもったいないと思う。

本当は新規ファン獲得に金を使うのではなく、ファンクラブに入ってくれるような濃いファンにこそ金を使うべきなのに。

 

以上っす。なぜか熱く語りました。

コメント