恋愛工学

恋愛工学

勝てる相手と戦っても意味がない。レベルの高い相手と出会うことで強制的にレベルが引き上げられる説

子どもの頃を振り返ってみれば、短距離走では、自分よりも遅いグループで走った時は1位になれるがタイムは伸びないが、結果的に1位になれなくても自分よりも速い相手と走った時には、タイムはよかったように思う。
恋愛工学

ナンパの満足度は相手の顔+スタイル+性格によって測れる

SEXするという同じ行為であっても、相手がどんな人間であるかによってその満足度は変わる。
恋愛工学

ナンパ用語PUA(ピックアップアーティスト)とは?

恋愛工学の祖である米国のナンパ師ミステリーの書いた「口説きの教典」には、PUA=ナンパの達人と記されている。
恋愛工学

本当に欲しかったのは安らぎで、ゲームのような恋愛ではそれは手に入らなかった

ナンパのスキルを手に入れて自分の型がわかるようになると、その気になればいくらでも経験人数を増やすことができるようになる。それはうらやましい話のように思えるかもしれない。
恋愛工学

恋愛はゲームだとドヤ顔で言っちゃう奴がキモいだけで恋愛工学は悪くない

「ザ・ゲーム」(ニール・ストラウス)や「ぼくは愛を証明しようと思う。」(藤沢数希)によって広まった恋愛工学の考え方だが、熱心な信奉者がいる一方で批判対象にもなっている。