ナンパについて

ナンパについて

ナンパ師は世界から消え去った

ナンパに挑戦してみようと思う人たちにとって、大きな障害になっているものの1つとして、他人の目が気になるという問題がある。 ナンパをしているのを見られたら笑われるんじゃないか。 失敗しているのを見られたらバカにされるんじゃないか。 ...
ナンパについて

大義名分があるとナンパで見知らぬ人に声を掛ける時のハードルはかなり低くなる

人は大義名分がある時、時に自分自身でさえ驚くほどの実力を発揮することがある。断られるのが当たり前の飛び込み営業に必死になったり、街中で見知らぬ人に声を変えることができるようになったり。 そんな時には、多くの場合その人は心の中にある何か...
ナンパについて

ナンパを続けると人生が終わる。ナンパした女の子にカッコいいと言われた時、「もうナンパをやめる時が来た」と思った

30代や40代の人たちが、「路上でしゃべりだけで若い女の子を落とせるぜ」と言う話には、俺は全然羨ましさを感じない。 むしろかわいそうだとすら思う。 ナンパを続けると人生が終わる ナンパってけっこう怠いんだ。 べつにナンパを否定す...
ナンパについて

ナンパや人生で失敗する人たちはゲームの本質を理解していない

「努力は必ず報われる」とか「全力を尽くせば神様が見ていてくれる」とか言う人はいるけれど、どれだけ頑張ってもうまくいかないことはある。 朝までナンパをして、それでいて全く結果が出なかった時に俺はよくこんなことを思う。 なぜ頑張って...
ナンパについて

ナンパは麻薬 ナンパはギャンブル ナンパをやめられない理由

ナンパという活動は、ハマる人とそうでない人とがわかれる活動だ。今回はその理由を脳科学的な視点から考えていこうと思う。
ナンパについて

ナンパは飽きる。ずっと情熱を感じていることはできない

今日はもういいだろ。以前は朝までだってやってやると思っていたのが、最近ではめんどくさいと感じるようになった。
ナンパについて

居酒屋のキャッチはうざいナンパもうざい けれども・・・

栄えた繁華街で2人以上で歩いていると必ずと言っていいほど居酒屋のキャッチに声を掛けられると思う。 街中でナンパしていて女の子に声を掛けたタイミングで声を掛けられることもあって、居た堪れない気持ちになることもある。 俺はいいけどたぶん隣に...
ナンパについて

ナンパの副作用 1人の相手を見ることができなくなる

ナンパには、ナンパができるようになることによる副作用がある。1人の相手だけを見ることができなくなるのだ。彼女と歩いても街を歩く他の女の子に声を掛けたい衝動に襲われる。ナンパには副作用がある。我々のやるべきことはナンパからの脱出なのだ。
ナンパについて

恋愛はマーケティング

なぜあの子はあんな奴のことが好きなのか?自分のほうが優しくて頭も良いし収入も多い。自分のことをちゃんと知ってくれたら好きになってくれるはずなのに。
ナンパについて

その刹那(ナンパ)は命をかけるに値する

ナンパでの出会いは刹那的だと言われる。この出会いでは心から満たされることはないと薄々気付きながらも、男はその刹那に命を懸けるのである。
ナンパについて

ナンパは精神を病みやすいのか

ナンパでどれだけ女の子とSEXしても満たされない人もいる。
ナンパについて

SEXするまでの流れがスムーズだけというナンパ師はいる。100人斬りの童貞たち

ナンパ本やナンパブログには小手先のテクニックがたくさん書かれている。こう言われたらこう言え。自分に自信のない人ほどそんな小手先のテクニックに溺れやすい傾向にある。
ナンパについて

ナンパを引退するからといって性欲がなくなるわけではない

それが何歳まで続くのかは見当がつかないが、男はその生涯の長い期間において性欲に支配される生活を送っている。
ナンパについて

ナンパのコスパは意外に悪い

ナンパという出会い方はあまりお金がかからないと思っている人がいる。街中で声を掛けて話をするだけならお金は1円もかからない。それがナンパである。
ナンパについて

ナンパでは気温が変わるだけで街を流れる人の数も女の子の反応も変わる

同じ冬でも体感的にいつもよりめっちゃ寒いと感じるときには、街中に人が少ないということはある。 これはデータを取ったわけじゃないからあくまでも感覚的なものにすぎない。 今ではそんなことはないが、 少し前までは毎日のように夜の街に...