モテ本

モテ本

究極の男磨き道ナンパ 零時レイは日本のナンパ本の中では一番リアルだと思う

究極の男磨き道ナンパ。零時レイ氏が書いたナンパ本です。読んだ感想ですが、これだけ赤裸々に描かれたナンパ本は他にないですね。究極の男磨き道ナンパ零時レイ氏を買おうかどうか迷っているなら間違いなく買いです。
モテ本

Testosterone(テストステロン)氏面白すぎる。マジ尊敬っす

恋愛も仕事も、人生のすべての悩みは筋トレで解決できる。らしい。
モテ本

「口ベタ営業マンが渋谷ギャルをナンパし続け半年後に1億の契約をとった件」は控えめに言って微妙

ナンパをただの女遊びで終わらせず、その後の人生に繋げていくというストーリーは最近のナンパシーンの主流だが、この本もその類の本。少し前に話題になった本だが、今さら読んだ。
モテ本

お勧め恋愛本発見、女性目線の恋愛本の中ではかなり中身が濃い

最近は紙媒体のモテ本だけでは飽き足らず、kindle本にも手を広げ始めた俺ですが、これはぜひ試したいと思うモテ本を発見したので紹介します。
モテ本

何が何でも彼女が欲しいと思う人は、モテそうな洋服を買う前にまず、「LOVE理論」を買うところから始めたほうがいい

LOVE理論ほど、モテずに悩んでいる人にとって重要な点を盛り込んだ恋愛本はきっとないだろう。
モテ本

漫画版「ぼくは愛を証明しようと思う。」最新刊発売予定

漫画版「ぼくは愛を証明しようと思う。」の第3巻が4月23日に発売されますで。
モテ本

もしかしたらナンパがうまくなるかもしれない。お勧めのモテ本。

本を読んだだけでモテるようになることはないが、モテ本を読むことで、勇気が湧いてくるし同じ轍を踏まずに済むかもしれない。今まで読んだナンパ関連の本をレビュー。
モテ本

「声をかける」高石宏輔を読んでみて

高石氏の「声をかける」を読みました。感想というほどでもないですが、思ったことを。
モテ本

高石宏輔「声をかける」を読んでみる。

高石宏輔というナンパ界で有名な人がいる。彼のことはほとんど何も知らない。
モテ本

「口説きの教典」ミステリー。価値の高い男がモテる。守ってくれそうな男がモテる。ヤンキーがモテた理由。

あなたは不真面目で勉強もできないヤンキーがモテていたことに疑問を抱いたことはないだろうか?恋愛工学の祖ミステリー氏の書籍「口説きの教典」には、金持ちやヤンキーがモテる理由が書いてある。
モテ本

「美女と野獣」の野獣になる方法(水野敬也)はめっちゃタメになるしおもしろい

こちらの本は2007年に発売された「LOVE理論」の文庫版っす。2010年発売のもので少し古いですが思い付きで読んでみたらめっちゃよかったです。
モテ本

ぼくは愛を証明しようと思う(藤沢数希)はナンパ本なのだろうか?

「ぼくは愛を証明しようと思う。」を読んだ。恋愛工学というワードを日本に広めたナンパ本である。
モテ本

岡田尚也のTAVはナンパ初心者のためのノウハウじゃない

ナンパ本はたくさん読んだけど せいぜい数千円くらいのもんで、ナンパのノウハウに高いお金かけるなんて意味わからないって俺は思っていた。