人生に迷ったことは意味を持つかもしれないが迷わなかったことは無駄になる

迷うということは進んでいるということだと言われるがその通りだと思う。迷わないということはある地点から延長線を歩いているに過ぎなくて、それってマジでつまんない人生だと思うんだ。

我々がナンパをやる意味は、本当にタイプの女の子と出会うということだけど、他にも成功体験を作るという意味も持っている。

成功体験はめちゃくちゃ大事なもので、これは他の何かに挑戦しようと考えた時に背中を押してくれる効果を持っているものである。

すごい結果を残している人は突然何を思い立ったのか別分野のものに挑戦して周りの人を驚かせたりすることがことあるが、彼らは自分には「あれができたんだからこれもできるだろう」と考えるのだ。

この過去の成功体験には正の連鎖効果があって、積み重ねていくことで延々とレベルアップしていくことができる。その反対に負の連鎖という言葉はよく聞くと思うが、この負の連鎖は失敗を重ねることで、どうせ今度も失敗する、どうせ自分には無理だと考え、さらなる失敗を引き起こすという悪循環のことを言う。

 

この成功体験はテストで100点を取るといったちょっとしたことでも積み重ねることができるが、自分にとってそれほど無理のないものだとその効果も長続きしない性質を持っている。

長期的に効果を持続させるならインパクトのあるものじゃなきゃだめだ。

絶対に不可能な状況、もう無理だというギリギリのところで這い上がったようなものこそ、人生に多大な影響を与えるほどの成功体験になるのだ。

挑戦して迷いまくれば迷いまくるほど、そこから生まれてくる成功体験は大物になる。

そしてこれにはナンパが一役買ってくれる。

ナンパを始める動機は人それぞれだけど、その動機の根は深いことが多い。ずっと童貞だったりコンプレックスの根が深すぎたり。

モテモテの人生を送ってますという奴が片手間でナンパしても得られるのは女の子の連絡先くらいだろうが、無理めな状況で挑んだ人ほど、そこから得られるものはとてつもない大きさになる。

無理めな状況の人が結果を残せないまま終わったら自信をなくす原因になることもあるからリスクは大きいが、うまくいかなくて迷えば迷うほどそれは後に大きな価値を生む可能性があるということは忘れないでほしい。

俺もそうだったんだけど、「やっぱり俺じゃ無理なのか?」が「俺にもできた」に変わる瞬間はマジで衝撃的だから、もしもあなたが自分には成功体験がないと思っているならぜひ経験してほしいと思っている。

コメント