街中の女の子はみんな天邪鬼

「あなたはナンパについていきますか?」と女の子に聞いたら「絶対についていかない」と言う人が多いだろう。実際に女の子に聞いてみても「友達はついていく子もいる」とか、ナンパした女の子に聞いても「いつもは遊ばない」とか言われるだろう。

ナンパという出会いに関して

女の子のほうでは

ナンパに簡単についていったという事実を残したくないと思っている。

彼女たちにとって軽い女だと思われることは好ましくないことなのだ。

 

だけど、

女の子が口では「ナンパには絶対についていかない」「ナンパをするような男は最悪」と言っているからといって

 

それが真実だとは限らない。

 

俺は女の子は

その時の状況や気分次第でナンパの誘いを受け入れてくれる人は意外に多いと思っている。

 

絶対にナンパにはついていかないという人はいるだろう。

 

だけどそうじゃない限りは、声を掛ける男のルックス、トーク力、その時の状況、女の子のその時の気分によって

ナンパに対する肯定 否定が変わるように感じる。

 

街中で声を掛けられて遊んだことはないという子も、

明らかにナンパとわからないようなナンパ。

本屋で同じ本を同時に手に取ろうとしたり

めっちゃベタw

そんな出会いならうまくいく可能性もあるかもしれない。

 

言葉をその額面通りに受け取ることで

何の行動もできなくなってしまうことがある。

 

ナンパ用語に

形式グダという言葉がある。

 

言葉ではと言っているが

それはそんなに軽い女だと見られたくないなり

何か理由あってのポーズで

その行為自体は嫌じゃないというもの。

 

女の子に慣れてない人は

この見極めができなくて押せないこともある。

 

女の子は天邪鬼なところがあると知らなきゃならない。

 

街中のどんな女の子とでも

仲良くなれる可能性がある。

 

この可能性を信じることが出来なければ

もはや街に出る理由はなくなる。

ナンパには絶対についていかないという言葉を疑うことができなければ

もはや街に出ることができなくなる。

 

声を掛ける側の

ルックスやトークで

結果が変わることを信じること。

あなた次第で結果を変えられると信じること。

コメント