若者は渦に呑まれてしまう

人生について

数カ月くらい前に西内まりやが芸能活動を再開したというニュースがあった。俺はべつにファンでも何でもないけど、いろんなゴタゴタがあっても、それでも今元気そうにやっているということはすごく良いことだと思った。

話は少し変わるけれど、会社という組織に属していると人事異動だったり転勤といったものの対象になることがある。俺自身はこれまでの人生においてほとんどの場合会社という組織から距離を置いて生きてきたから、そういう経験はない。

うれしい通告の場合があれば、そうじゃないこともあるのだと思う。

 

ところで今挙げた2つの事柄には共通点がある。

 

それは対象者が渦に呑まれてしまっているということである。

 

 

俺はべつに芸能界に詳しいわけではないからあくまでもイメージに過ぎないのだけど、芸能界という世界はそもそもが裏社会のシノギの場のような始まりであるため、今だっていろんな思惑が渦巻く世界であることは間違いない。

芸能界は夢を食い物にする世界であるとも言われるが、おおよそのところその通りなのだと思う。アイドルのかわいさやキャラクターはあくまでも建前で、それはあくまでも何らかの物事を動かすための隠れ蓑に過ぎない。本人たちは「歌って踊って」ファンに喜んでもらおうと思っているのかもしれないけれど、そういうことが可能になるのは、つまりテレビの前で歌って踊れるのは、事務所にプッシュされた人たちだけだ。

 

人事異動や転勤もそうだ。

あなたがその対象になったことがあるかもしれないし、あるいはその決定をしたことがあるかもしれない。あなた以外の誰かがその対象になるのを目にしたことがあるかもしれない。

「なんか最近ここでの仕事が楽しくなってきた」というタイミングで、海外に行くことを命じられることもある。仮に嫌だと思った時に断ることができるのだろうか?

 

つまり何を言いたいのかと言うと、

俺たちは、俺たち自身の意思ややっていることに関わらず、俺たちの知らないところで決められたり誰かが描いたりした絵に飲み込まれてしまうことがあるということ。

 

俺たち自身がどれだけ頑張ったと思っていても、それは実は誰かの手の上だったなんてことはよくある。

とくに若い頃はこういうことがよくある。これが悪いことなのかどうかはわからない。時には思惑を知ったうえで流れに身を任せていたほうが良い時もあるのだろうし。

 

こういうのが嫌なら、たぶん組織から距離を置いて生きるか組織のトップを目指すしかないのだろう。