美人の美人はアイデンティティにあらず

俺は綺麗だねやかわいいねという誉め言葉があんまり好きじゃない。男が美人を見て言う綺麗だねという言葉には、目に見えるもの以外の全てを排除したような響きがあるからだ。

美人な女の子に「綺麗だね」と容姿を褒めるようなことを言っても意味がないとナンパのテクニックでは言われている。

美人はそんなこと言われ慣れてるからうれしくないとか

言った男側の価値を落とすことになるとか。

 

それもあるのかもしれないがそれ以上に、俺は美人がきれいだねと聞いても心に響かないのは

彼女たちが彼女たち自身のことをよく知っているからなんじゃないか?と思う。

 

彼女たちは毎日食事に気を使い。

肌をいたわりタバコや酒を全くやらない子もいる。

ジムに通っているかもしれない。

頻繁に美容院に行っている。

脱毛に通っている。

何百万と金かけて整形した子もいるかもしれない。

何時間も半身浴しているかもしれない。

おしゃれでいるためにふだんの仕事の給料だけでは足りず水商売をやっているかもしれない。

勉強を必死でやっている子もいる。

化粧に何時間もかける子だっている。

仕事で評価されようと一生懸命働いてる子もいる。

歳をとれば若い頃のようにモテないことを知っている。

 

 

彼女たちには彼女たちのLIFEがある。

 

 

何時間も何百万もかけて

上ってきた階段がある。

今いる彼女たちはきっとその賜物なんだよ。

 

それなのにエロおやじどもは

綺麗という一言で、私たちのすべてを言い表したような気になっている。

 

それがむかつくんじゃないかと俺は思うんだよね。

 

私たちには他にもっと誇るべきところがあると言いたいんだ。

 

きれいだね

おっぱい大きいね。

 

こんな誉め言葉には

その言葉以外の全てを切り捨てたような残酷さが含まれてる。

四六時中綺麗と言われない男にはわからないかもしれないが

実は美人な女の子は、私のアイデンティティは美人にあらずと叫んでいるのかもしれない。

 

だから美人は女の子は

美人であることになびかず内面を褒めてくれる男に価値を見いだすんじゃないかな。

 

しっかりしてるね。

いろいろ考えてるんだね。

めっちゃ努力家だね。

このネイルいいね。めっちゃ時間かかったでしょ?

髪きれいだね。染めてるのに全然傷んでないし。どんな魔法使ってんだ教えてよ。

めっちゃスタイルいいけど今日のデートに合わせてもう3日間何も食べてないとかじゃないよね?w

 

それでもどうしても言っておきたいなら

ずっと後のほうだ。

 

そういえば今気づいたけど

かわいいね。

 

彼女たちの人生がおまけじゃなくて

美人であることのほうがおまけなんだ。

 

その見たまんまの状態を褒めるよりも

その状態になるまでの見えない部分をいたわるほうが

効果的だと俺は考えてる。

コメント