美人だからといって性格がいいわけでも悪いわけでもない

男は美人に弱い。女から見てあざといと嫌われるような女の子であっても、その女の子が美人であれば、大抵の男は媚び諂うようになる。

ナンパをしているといろんな女の子と出会うし

ナンパという普段の生活のしがらみのない出会いだからこそ

いろんな話を聞くことが出来る。

 

女ってこわいと思うような話もいっぱい聞いた。

 

それでわかるようになったのが、

「美人だからといって性格が良いわけでも悪いでもない」というこんな当たり前の事実だった。

 

顔がめちゃくちゃかわいくても

お前の性格知ってたら絶対声掛けなかったわという女の子もいるし、

 

それとは反対に、出会えて本当に良かったと思えるようなめちゃくちゃ性格のいい女の子もいる。

 

お世辞にも美人とは言えないような人が、必ず性格が良いわけでもない。

 

当たり前だけど、

いろんな女の子がいて、一つの型に当てはめることなどできない。

 

裏表のない女の子もいれば

本性を隠しているだけの女の子もいる。

 

こんな当たり前のことを俺たち男は意外に見落としがちだ。

 

心の声が聞こえる機械が開発されたら

きっとキャバクラで大金使うおっさん連中は、みんな寝込んでしまうだろう。

今後一切風俗に行く男はいなくなるだろう。

 

性格がいいというのも、

特定の1人相手にだけ優しく接するのと、誰にでも優しく接するのとでは違う。

 

モテない男の特徴として

店員に対する態度が悪いというのはもはや定番だが

その気持ちはすごいわかる。

 

女の子は意外に

自分に対する態度だけじゃなくて

他の誰かへの態度も気にしてるんだよね。

それでマイナス点を貰ってる奴は実際にいる。

 

俺だって

いくら自分に優しく笑顔で接してくれても

自分以外の人の悪口を言うような女の子を

性格がいいとは思わない。

 

ナンパでもふだんの生活でも

顔面至上主義があまりにも信仰されすぎている。

 

ふだんの生活でもテレビでも

気持ち悪いくらいに

きれいなことは素晴らしいことであるという考え方が蔓延している。

 

そして

きれいじゃないことは悪いことであるとでも言いたげだ。

 

きれいであればかっこよければ

何でも許されるような風潮さえある。

 

少し前のことだが

つかまった指名手配中の犯人が

イケメンだったからといって

ステキと言うようなバカ女どもが現れた。

俺は気持ち悪さを通り越してこの日本の憂いすら感じた。

 

こんな時だからこそ

俺たちは本質を大切にするというマインドセットが必要になる。

 

それは美人に限らず

肩書や経歴だってそうだ。

 

すごいと感じてしまうと

相手の本質が正しく見えなくなってしまう。

 

美人だからといって

性格がいいわけでも悪いわけでもないのだ。

そんな当たり前の事実を見失わないようにしよう。

コメント