男と女は分かり合えない SEXは生派という後先考えない生き方

男向けのAVと女向けのAVではある大きな違いがある。

前に読んだ「もっとセックスしたいあなたに」(大泉りか)という本に、女性向けのAVはコンドームを着けるシーンがあると書いてあった。そういえばそうだ。ドラマ仕立ての女性向けの胸キュンAVを見たんだけど、普段男が見ているようなAVとはまるで違った。女性向けのAVの特徴の一つが男優がイケメンだということ。鈴木一徹氏は有名だよね。男向けのAVはたまにめっちゃキモいおっさんが男優の時がある。あとは女性向けのAVは全体的にムード重視。照明が薄暗いとかSEXまでの過程がときめくものとか。見つめ合ってラブラブなカップルのようなSEXをする。男向けのはとにかく激しい。変な体位だったり激しい手マンだったり。スポーツかってほどに動きが多いw気持ちよさよりもアクロバティックな動き重視だからね。得点競技じゃないんだからwきつそうな体位が成功するたびに拍手が沸き起こる競技だったら納得だけどさ。それに男が触発されて日常でごく普通の女の子相手に同じようにやりだしたら女の子にしてみれば、マジでとんだとばっちりでしょ。俺の見た女性向けのAVは激しい手マンシーンがなければ変な体位もなかった。あとは冒頭のコンドームのシーン。そのAVではご丁寧に笑い合いながらコンドームを装着するシーンがあった。これは女の子が安心して見るための配慮だそうだ。ここで我々が覚えておかなきゃならないことは、女の子の気持ちよさは安心感の先にあるということである。気持ちありきってこと。SEXのアドバイスでたまにコンドームをバレないほどさりげなくスムーズに装着するというのがあるが、そんなことする必要ないんじゃないかとすら思えてくる。それより目の前でこれで安心だーとか宣言したほうが好評だったりしてw男だって誰でもいいわけじゃないけど、男は精神的というよりも物理的な刺激に弱い。あと視覚的な刺激。男向けのAVではタイトルに生中出しという言葉が使われてるものがある。俺はこれの意味がわからなかった。今でもわからないが、想像するに生派の人たちに好評なんだと思う。それか憧れる人に。わかんないが。自分が責任を取れる覚悟があるならまだしも、そんな気さらさらないのに避妊をしない奴は卑怯だ。そんなSEXは相手を思ったものじゃないし2人で共有するものじゃない。ただの独りよがりだ。病気の心配だってある。気持ちよさとリスクを天秤にかけた時に、気持ちよさが勝ってしまうならそれは理性を持った大人とは言えない。相手も自分も大切にしよう。

コメント