昔のAVは金のために出てる感がすごかったよね

最近のAV女優のレベルの上がりようは半端ない。少し前までは裸になるというだけで価値があったらしいが、今ではカメラの前で裸になることに抵抗のない子は多くて、かわいくなければ出演すらできないこともあるらしい。

AV女優には単体、企画単体、企画という位置づけがある。

  • 単体とは 女優の名前だけで売れるようなレベルの女の子で、ルックスがよく芸能人のような扱いを受ける。主にはその女優単独出演で作品が作られる。出演料が高い。
  • 企画単体とは その女優のみの単独出演で作品が作られることもあり、一定のファンがいるが、単体よりも扱いのレベルは下がる。上原亜衣ちゃんは企画単体の中では驚異的な活躍をした女優。
  • 企画とは 複数出演の作品で活躍する女優。出演料はそんなに高くない。

 

単体レベルともなると芸能人レベルのかわいさで

テレビにも出てる子もいるし

CDを出したり活躍の幅は広い。

それに影響を受けた女の子が

将来はAV女優になりたいと志すほど。

 

いい時代になったものだ。

 

 

今はそんなに見かけないが

俺が見ないだけであるのかもしれないが。

AVのタイトルで

芸能人の誰々がデビューというAVがよくあった。

中身はもちろん本人じゃないが

似てるかどうかも怪しい作品が多かったw

 

俺が友達にそのAVのパッケージを見せた時

友達に「(その芸能人)はテレビ出てるしAV出ないと思うよ」と

真面目な顔で言われたのをまだ覚えてるw

 

俺はほんとにその芸能人が出てるなどと思ってなくて

その芸能人に似てれば

きっとかわいいはずだと期待しただけなんだよw

 

だって昔のAV

パケ写がひどかったよね?ww

出てる女の子も

見てわかるほどに乗り気じゃない女の子もいたし。

 

1本だけ買って

当たりを引ける確率はめっちゃ低かったんじゃねえかと思う。

 

それで時代は変わって

性に対する価値観の変化や

不況によって

めっちゃ可愛い女の子がAVに出演するような時代になった。

いい時代になったものだ。

コメント