彼女が語る母親像には彼女が向かう将来が見える

女性について

女は母親を見て育ち男は父親を見て育つことが多い。

俺は子どもが異性に対して持つ価値観というのは、育った環境によって決まってくると勝手に思っている。

女は家事を完璧にやるべきだという父親の元で育った男は家庭的な妻を求めるようになるし、男は働いてなんぼ、自分は働かないという母親の元で育った女は、経済力のある男を求めるようになる。

 

もちろんこれは必ずしもそうなるわけではない。親に反発心を持っていることもあれば、家庭以外の環境で家庭の在り方を学ぶこともある。

しかし一つ言えることは、置かれていた環境が人間に与える影響は大きいということである。

恋人と同棲する時には、そういう育ってきた環境にだけ通じる常識というので衝突することもある。

夕食にパンが出たことのない家庭で育った人と暮らすようになって、夕食にパンを出して訝しがられるといったように。

我が家だったら有り得ないというそんな些細なことから、2人の仲を引き裂くほどの大きなカルチャーもある。

 

この前出会った女の子は、父親が経営者で母親は専業主婦、母親は食べてばかりいて太っていて、寝転がってテレビばかり見ていると言っていた。

その子は、男は働いてなんぼ、医者とかに知り合いいない?と言うような子だった。

彼女は顔はかわいいが少しぽっちゃりしていることを気にしていた。

しかし気にしているにも関わらず彼女は食べまくっていた。俺はきっと彼女は近い将来、彼女の母親のようになるんだろうと思った。

俺には、痩せなきゃと心の中では思いつつも、昼間からお菓子を食べながらテレビを見る数十年後の彼女がイメージできた。

俺は彼女の母親に会ったことがないし、どんな人間かも知らないが、彼女がピックアップして俺に話してくれた話は、良くも悪くも彼女にとって印象的な母親の人物像を言い表す言葉ということであり、その特徴を抜き取ってしまうということは、彼女がそれを意識してしまっているのは間違いない。

 

もしも彼女の母親の作る料理が特別おいしくて、父親とラブラブで、彼女が将来よい妻でありたいと思っているなら、彼女が彼女の母親を語る時には、料理がうまくて今でも父親と恋人のように仲がいいと話すだろう。そうすれば、話を聞いた俺はきっと彼女はいい奥さんになると思ったに違いない。

 

俺は女の子と話すときに、どんな母親だったかを意図的に聞くことがある。

彼女にとってどんな母親だったか?

旦那にとってどんな妻であるか?

そこで語られる人物自身がどんな人間であるかにはそれほど興味はない。

それを知るにはあまりにも言葉が足り過ぎる。

 

俺が知りたいのは、その女の子が母親のどの部分をピックアップするか?ということだけである。俺はそこにその女の子が向かおうとしている道があると考えている。少し難しい話になりました。