彼女ができれば生活は劇的に変わる

長い間童貞だったり、彼女なんていらないと言っている人ほど、いざ彼女ができた時の人生の変化は目を見張るものがある。

恋人がいたことがなくて、今人生がパッとしないと思っている人は、とにかく何がなんでも恋人をつくるべきだと俺は思う。

 

そんなのわかってる。欲しいと思ってるのにできないからパッとしないんだと言う人もいるかもしれないけど、そこまで必死になってないからじゃない?とまで言うつもりはないけど、恋人をつくるのを生活の最重要項目に持ってくるレベルでやっても、やり過ぎじゃないと思う。

 

人の価値観はそれぞれ違うからみんなそれぞれ経験からたどり着いた結論があるんだと思うけど、俺は恋人の存在は生きるうえで最重要項目だと思ってる。

 

俺がもし恋人のいない無職だったら、まず就職することよりも恋人をつくることを優先すると思うw

ふつうの人にとっては逆かもしれないけど俺はそうじゃない。

 

イメージとしては男の妄想でよくある、美人な家庭教師がテストで100点取ったらおっぱいを触らせてくれると約束してくれたから頑張るというのに近い。

人は失いたくないものができると自分でも驚くほどのパワーを発揮する。

就職して働いたらきっと可愛い彼女がきっとできるだろうと期待して頑張るよりも、期待を頑張りに変える方法は、大人になって現実を知れば知るほど効果が下がっていくし、ちょっとでも疑うと、もういいやとダメになってしまうことがある。

 

就職して金を稼がないとかわいい彼女にフラれるというパワーのほうが強いんだよね。人は何かを得ることよりも何かを失うことのほうに敏感というのもある。

だからこそ俺はもしも恋人も仕事もどちらもなかったらまずは恋人探しに時間と労力を使う。

 

モチベーションの問題だけじゃなくて、恋人がいると生活スタイルも変わる。

1人じゃ行けなかった場所に行けて、映画を見たらおもしろかったねとかつまんなかったねとか言い合えて、オシャレに気を遣うようになったり仕事を頑張るようになって、社内での同僚や上司からの評価も上がったり。

視点が増えれば人生の楽しみ方も増える。

まぁ恋人をつくることにはデメリットもあることは事実だしうまくいかなくて人生が座礁しかけるほどの危機だって訪れることもある。

 

しかしそれを差し引いてもお釣りがくるほどのメリットがあるのだ。

俺は出会いがないならナンパを推奨しているが、実を言うとナンパができるようになって毎日のようにその晩の相手を取っ替え引っ替えするような生活を推奨しているわけではない。

それよりも1人の人を見つけて長く付き合っていくことのほうが学べることはたくさんあるし人として成長できると考えている。

コメント