安心してください。あなたが無視されてるとき、俺はキモいと言われています

マインドセット

1人でナンパをしているとたまに不安になるのが、失敗しまくっているのは自分だけなんじゃないか?ということだと思う。

ナンパではいつもうまくいくことは有り得ないし、どんなに腕のある人でも失敗する。

それをわかっていてもいざ自分でやってみてうまくいかないと、自分の殻の中に閉じこもってしまってまわりが見えなくなり、こんなに失敗しているのは自分だけだという思考になってしまう。コンビナンパをしてみればこの思考は多少は取り除ける。

だってコンビナンパでは自分が失敗している=相方も失敗しているということだから。

 

他の人と一緒にナンパをしてみて、みんないつもうまくいっているわけではないというのと、自分で結果を出して、無視が何度続いても、だからといって結果が出ないわけではないというのを理解できれば、無視や罵声はただのひとつの反応として認識すればいいだけと思え、そこまで気にならなくなる。

しかし1人でやっていたり、自分のナンパにまだ自信が持てない時にはそうもいかない。

 

これをここに書いたからといってあなたが自信を持てるわけではないし、解決になるかもわからないけど、一応言っておくと、あなたが女の子に無視されている時俺も同じように無視されてます。

あなたが声を掛ける勇気を持てずに歩き回っている時、俺も同じように歩き回っているし、寒さや無視に負けてゲーセンでゲームをやってるかもしれない。

 

俺が言いたいのは、失敗してるのはあなただけではないということ。

たぶんみんなもそんなかんじなんじゃないかな?みんなのナンパを見たことはないから何とも言えないけど、少なくとも俺は同じように無視されているし、俺が過去に会ったナンパ師も、めっちゃかっこいいなと思うようなイケメンナンパ師でも当たり前のように失敗していた。

 

不細工だから…金持ってないから…しゃべりが下手だから…だからナンパに失敗するのではない。ナンパしているから失敗するんだよ。

 

ナンパとうまくいかないことは決して切り離すことはできない。

 

だから自分だけどんだけ雑魚なんだよとは思わないでほしい。断られまくって自信を無くした時にはこの記事を読み返してほしい。

 

あなただけじゃなくてみんな同じように失敗する。

 

その日のナンパの結果の成否を決めるのは女の子1人1人の反応じゃない。

ナンパの成功の定義をその日のうちにSEXすることに設定するのなら、その日のナンパの成否を決めるのは1人でもいいからSEXできるかどうかだ。100人に無視されても101人目でうまくいけばその日のナンパは成功になる。あなたは英雄になる。

だけど折れてやめれば失敗になる。

期間をもっと延ばして、1ヵ月に1人とSEXできたら成功と定義してもいい。全体を通して結果を気にすればそれでいい。だからそこまで1人1人の反応に落ち込むことはない。全体を通してよかったと思えるようなナンパを目指そう。