声を掛ける時の立ち位置は後ろからか斜め前からか横からか問題

これはどれが正解かは俺にはわからない。俺は横からの入りが一番やりやすいと思っている。

ナンパも始めたばかりの頃は

すみませんと

後ろから声を掛けていたこともあった。

 

今ではほぼ横からで統一するようになった。

 

ほぼと言うのは

人の流れが少ない時には

フロントからの声掛けが最強だと気付いて

たまにフロントから声掛けるようになった。

 

フロントからの声掛けとは

前方から歩いてきた

女の子に対して

Uターンせずに

そのまま目の前から声を掛けること。

進路をふさぐのはやっちゃいけないから

目の前に立ちふさがるのはダメだが

前方から歩いてきて

存在が確認されてる状態で

声を掛けると

まぢで無視がない。

さすがに女の子も無視できないんだろうか。

 

歩いていて

前方からかわいい子が来たときは

女の子の視界に入ってしまったと感じて

無理だなと思ってしまう場合があると思うが

躊躇せずにそのまま

声掛けるといける場合も多い。

最悪なのはUターンして

ビクビク声掛けるやつね。

 

 

俺が横から声を掛けるのは

  • 進路を確保するため
  • 確実に声を届けるため
  • 女の子の急な進路変更に対応するため
  • まわりの目を避けるため

こんな理由がある。

 

人が多い場所で声を掛ける時に

意外に多いのが

しゃべるのに夢中で

前方から歩いてくる人に

ぶつかるというのがある。

自分がぶつかるのもそうだし

女の子がぶつかる場合もある。

人の多い繁華街には

ぶつかることに快感を感じるじじいもいるからw

進路は常に注意してないと

カッコ悪い姿を見せることになる。

 

横から話しかければ

進路を確認しながら

会話できるし

ずっと女の子のほうを

向いてしゃべらなくてもいいから楽。

 

次は確実に声を届けるため。

 

声を掛けたときに

一番大事なのが

相手にちゃんと言葉の意味を伝えることだと思う。

 

斜め後ろからだと

意外に女の子に声が届いていないのが

原因の無視が起こりやすいように思う。

 

横からだと

そんなに大きな声を出さなくても

女の子に声を届けやすい。

 

まわりの目を避けるというのは

俺は声を掛ける時に

それが本当に連れ出しを前提にしての声掛けなら

女の子側への配慮として

目立つナンパをするべきじゃないと思ってる。

 

声を掛ける側は

知り合いの恐怖に怯えたり

声を掛ける瞬間にまわりの目を

気にするが

 

女の子のほうでも

見知らぬ人に声を掛けられて

楽しくおしゃべりして

どこかに遊びに行くことの

恥ずかしさのようなものは

人によっては多少あると思う。

 

私仕事帰りに1人で颯爽と歩いてたのに

変な男に声掛けられてる

最悪

社内の人に見られるかも

知り合いに見られるかも

今前の人が振り返った

 

こんなことだって思うかもしれない。

 

だから俺は

声を掛ける側のマナーとして

スマートに声を掛けるべきだと思ってる。

 

俺が駅前の無差別的な

ナンパが嫌いなのはそんな理由もある。

みんな思うかもしれない。

 

あの子声掛けられちゃったよw

 

失敗したら次

私のとこ来るんじゃない?

 

あの子ついていっちゃったよw

 

 

俺の理想の声掛けとしては

声掛けた時に

必死の形相で

一発芸や

インパクトのあることを

やるのとは全然違って

 

 

10年付き合ってる恋人のように

自然に隣にフワッと入りたいと思ってる。

 

そこにさっきからずっといたようなイメージ。

このイメージで入れると

気合い入れて会話を盛り上げる必要がなくなるし

無駄に媚びることもなくなるんだよね。

わかりづらくてすみません。

 

声を掛けるときの

立ち位置で反応率が変わることはある。

 

だけど俺はどれが一番いいかというのはわからない。

全部試してみてあなたの一番やりやすいやり方で

やればいいんじゃないかと思う。

コメント