勇気を出してツッコんでみよう

ナンパテクニック

街中でのナンパでは相手の女の子を笑わせることができればその後の展開を有利に進めることができる。

じゃあ笑わせればいいのか。

面白いこと言ってみようと女の子に声を掛けるのは意外に難しいw

芸人がナンパする分にはそれでいいかもしれないが

素人が無理に面白いことを言おうとしても寒いだけなんだよねw

お笑いを生で見に行ってみればわかるが

お笑いに来ている観客は

みんなそこに笑いにきてるんだよね。

だから笑わせる側でもやりやすい。

だけど街中でのナンパではそうじゃない。

忘れないでほしいのが

女の子は基本的にはナンパに反対という前提である。

ナンパに反対の女の子は

ナンパ野郎の話す言葉に笑ったら負けとすら思ってることもある。

それってめちゃくちゃアウェイの会場で

ボケるようなものだw

反応も悪くて自分が面白いと思ってる話もすべるのはつらくない?ww

 

だからといって一切笑いのない会話をしても

女の子を連れ出せるわけじゃない。

そこで真面目な俺たちは

女の子にツッコミを入れることで入れることで笑いをとる。

 

俺が深夜に2人組に声を掛けたときだった。

おつかれー

どこ行くのー?カラオケ行こうよ。

これからクラブ行きます。

どこのクラブ行くのー?と話しているうちに

タクシーで帰るんでと言い始めた女の子

そこで

クラブ行くのウソだったのかよwとツッコんだら

2人とも笑ってくれた。

そこからは会話がちゃんと成立するようになった。

連れ出せなかったがw

 

こちら側からボケて笑いを取ろうとすると

うまく伝わらないとまともに会話もできない変な奴だと思われてしまうリスクがある。

だけど女の子の発信した言葉もしくは行動を前提に

ツッコむかたちで言葉を投げれば

笑いの反応を得るのは意外に簡単なことなのである。

 

ただしツッコまないほうがいい話題もある。

声を掛けた最初の時点で待ち合わせなり

用事があると言っていた女の子が

会話が成立した結果連れ出せることになったとき。

そういう時はわざわざ

待ち合わせじゃなかったのかよと言って空気を悪くする意味はない。

その話題にツッコミをいれると

それをウソだと認めないためには

女の子は帰らざるを得なくなるし

ナンパ野郎を追い払う断り文句だと認めれば

女の子はしょうもないウソをつく女だと認めることになる。

 

女の子を笑わせることに頑張るあまり

無理に面白いことを言おうとすると寒くなってしまう可能性もあるが

女の子の言動などその女の子自身に関係のある話題を

ツッコミに使うことで笑いの反応を得るのは簡単になる。

勇気を出してツッコんでみよう。