停滞を感じたらナンパ旅行に出てみるのもいい

ナンパをするためだけに旅に出る。ナンパブログを読むとナンパ遠征なる言葉を目にすることがある。

 

ナンパをするために旅行ってwww

と思う人もいるかもしれないけど、俺はナンパ旅行は楽しいし好きだ。

 

行ったことのない地でナンパする。

なんだかめちゃくちゃロマンがある。

 

SEXするという目的のためだけなら人の多い場所でナンパすればいい。

東京や大阪なりでナンパできれば

他の場所に行く必要ってあまりない。

 

だけど東京や大阪でやっている人たちだってナンパをするためにだけに旅に出る。

 

やっぱりナンパ旅にはそれだけの魅力があるってことなんだと思う。

 

一番は新鮮さだ。

 

ナンパはずっとやっていると必ず停滞する時期が来る。

ナンパそのものに対する飽きかもしれないし

同じ光景に何も感じなくなったのかもしれない。

 

その停滞感を破る力がナンパ旅にはある。

 

ナンパは女の子がいればどこでもできるものだけど

その土地柄によって女の子の反応が全然違う。

 

東京の渋谷や新宿はナンパやスカウトが多いから

女の子が擦れていてガンシカが多いって言われている。

 

大阪の難波や梅田もそう。

大阪の女の子は反応がきつめって聞く。

 

それが地方では

東京で出会ってたらガンシカされるレベルでも

会話が成立しやすいと言われている。

 

ナンパする人にとっては

普段ガンシカばかりで心が折れているときに

地方の女の子に優しい対応されたら

それだけで温泉で仕事の疲れを取るくらいの

リラックス効果があるw

 

東京や大阪住みの人は反応のいい場所へ

地方住みの人は東京や大阪で腕試しができる。

 

 

ナンパをする人は全国各地にいて

彼らはナンパをする人同士ネットで全国的につながりがあったりするから

交流するためにナンパ旅に出る人もいる。

 

俺が思うナンパ旅の一番の意味は

旅先では奇跡が起きやすいというのがある。

 

これはナンパ遠征が好きな人ならわかってもらえると思う。

 

旅行って頻繁に行けるものじゃないし

お金もかかる。

 

だからこそ普段のナンパでは味わえないくらいの

緊張感がある。

 

普段だったら

ガンシカ食らって

もう帰ろうとなるところを

旅行先じゃ

 

朝までやってやるくらいのパワーが出せるw

パワーも出るから結果も出やすい。

 

何よりナンパ旅といっても

旅本来の楽しみもある。

 

ご当地のおいしいもん食べたり温泉入ったり

 

ご当地名物をご当地の女の子と食べるのっていいもんだよ。

コメント