一夫一妻制の世の中で幸せになれるのか?

人生について

日本という国は一夫一妻制を採用している。これには当然、メリットがあればデメリットもある。

人気イケメン俳優の結婚報道を目にして、ショックのあまり仕事を休むほどの熱狂的なファンがいるが、それをめちゃくちゃプラス思考で解釈すれば、我々男にとってはこの一夫一妻制を採用する恋愛市場でライバルが1人減ったということになる。

金持ちのイケメンに100人も女の子を持っていかれたら我々の出る幕がなくなる。

 

しかしこの一夫一妻制であるが、いざ当事者になってみると非常に不自由に感じる。

男の性欲は計り知れない。

それはもはや本能のレベルで、街中でいい女を見ればやりたいと思ってしまうものなのだ。

 

そう思った時に自由に声を掛けてSEXまでたどり着けるかというと、そうは問屋が許さない。

この日本では、結婚していたら他の女の子とSEXをしてはいけないという建前が存在する。

しかし、このルールは社会が発展し、快適な生活を実現している今現在のライフスタイルとマッチしているのだろうか?

 

不倫をテーマにしたドラマがヒットし、芸能人の不倫ニュースが毎日のように騒がれ、これはもはや男の性の問題にあらず、女の性にまで問題は及んでいる。

居酒屋で近くの席で飲んでいた客が、まわりで結婚してよかったという人に会ったことがないと言っていたが、俺も同じだ。

結婚したら結婚したでいろんな楽しいことがあるんだろうけど、男の性という部分に関しては、結婚することで得られるメリットは皆無だと俺には思えてならない。

 

つまり結婚するということは、男のモチベーションの一つである不特定多数の異性とやりたいという欲を捨てることを意味するのだ。

 

結婚しても異性を追いかけることをやめない奴もいるだろう。風俗やキャバクラに通いまくっている奴もいる。一途に1人の相手を愛し続けて幸せを感じている人もいる。心の中では不満を抱えている奴もいるだろう。

どれが一番理想かはみんなわかっている。

だけどだからといってみんながその通りに生きられるわけではない。

どう頑張ったって我々は完璧に生きることなどできないのだから。

 

男という生き物は、1人の人を愛し続けることができるのだろうか?

 

今の俺にはその答えがわからない。

でも自分にもそんな未来があったらいいなと思う。

だから俺は今日も街に出る。わからないから、今日も街に出てナンパする。

ナンパというのは一夫一妻制の真逆を行くような行為だけど、真逆に振れたからこそ見えてくるものもあるかもしれないと信じて。