ナンパ野郎に死ねと言えない女の子に対して粘ってはいけない

マインドセット

ナンパ初心者へのアドバイスで、無視されても断られても粘れというのがある。だけどどの女の子に対してもただ粘ればいいというわけじゃなくて、相手によって変える必要がある。

ナンパ野郎の危ない勘違い

女の子にもいろんな性格の子がいる。気が強くてナンパ野郎に死ねと言うような子がいれば、押しに弱くて断れない子もいる。

大人しそうな女の子に声を掛けて、話を聞いてくれたのに気をよくして、「俺ナンパうまくなったな。調子いいじゃん」と思っていても、実際のところそれはただその女の子が優しいだけということもある。

 

心の中ではめちゃくちゃ困ってるのに、それを口に出せなくてナンパ野郎のつまんない話に愛想笑いを浮かべている。

 

それが裏目に出て、盛り上がっていると勘違いしたナンパ野郎は「ちょっと飲みにでも行こうよ」と言い出し始めている。思ったことを口に出せなくて、だから相手に伝わらない。そういうタイプの女の子の中には、1人になった時にめっちゃ怒りがこみあげてくるタイプの子もいる。

 

それでトラブルになることもある。

ナンパ野郎は「なぜ女の子の態度が変わったのか?」がわからない

後になって女の子が怒り出した時というのは、ナンパ野郎としては「めっちゃ楽しそうだったのになんで?」と、何がいけなかったのかがわからなくなる。

 

1人で勝手に盛り上がってしまったことが原因なのに。

 

トラブルを避けるには?

俺はハッキリ断れなさそうな子には声を掛けない。見た目でわかる子もいるし、声を掛けてみないとわからない子もいる。ただこのルールを守ったからといって絶対に大丈夫とは言えない。でも一つ言えることは、声を掛けた側の方で、女の子が断らないことをいいことに押しを強めて強引に連れ出そうとしてはいけない。このへんの見極めは非常に難しいところではあるが、明らかに引いている女の子相手に無理に粘ってはいけない。

街中でのナンパで連れ出しをするには多少の強引さは必要になるかもしれないが、OKかNOかを最後に決めるのは女の子のほうであって声を掛ける男じゃない。だから相手の態度がよくわからないうちに強引に連れ出してはいけない。その強引さが後でトラブルを生む可能性もある。

 

オファーが断られた後でも粘って大丈夫なのは、ハッキリ意見を言える女の子。それにハッキリ言う女の子は発言が強めだから、その発言に対するツッコミから主導権を握りやすい相手でもある。声を掛けた後の反応がめっちゃ丁寧な女の子だった時には、こちらもちょっと申し訳なくなってしまって主導権を取るための強い言葉を使いづらい。それで連れ出しOKを貰った後も最後までただのいい人で終わってしまったことが俺には何度もあるw 俺だけかもしれないが。

粘るべき相手かどうかを見極めること。