ナンパブログの成功報告を見て自分はダメだと気にする必要はない

マインドセット

ナンパに興味を持ったあなたはネット上でナンパについての情報を手当たり次第に手に入れようとする。そこに書かれているのは本当に現実の出来事なのだろうか?

あなたが熱心に読んでいるブログのナンパ師は、どうやらナンパ界では有名な人らしい。

その人は街に出ると必ずと言っていいほどナンパが成功していい思いをしていた。

「すげえ」

そう思ったあなたはもしかしたら自分にもできるかもしれないと思い、以前よりもっとナンパに対して興味を持つ。

いつしか街中に立つようになったあなたは女の子に声を掛ける中でこんなふうに思うようになったはずだ。

 

思っていたのと違う。

 

街の女の子は冷たい。

ほとんどの場合無視される。

 

朝まで街中を歩き回っても何の成果も得られない。

 

あれはウソだったのか?と。

 

俺はナンパって難しいと思っている。

 

もしも誰でも苦労なくできるのなら、風俗なんてこの世からなくなってしまう。AVだってこの世からなくなってしまう。誰もがナンパをするようになってしまう。

 

でもそうじゃない。

 

なぜなら、

ナンパは難しいからだ。

 

でもネット上の情報にはそういう真実を隠して発信している人たちがいることも事実である。

 

 

彼らにとってはそれが都合が良いことなのである。

 

ナンパを始めればバラ色の人生が待っている。そんなことを言っている人たちがいるけど、

 

でも実際そんなわけない。

 

始めるだけじゃ何も手に入れることはできない。

 

なぜなら始めること自体はそう難しいことではないのだから。

 

始めて、続けて、何度も失敗して、その先にやっとひとつの成果がある。ナンパってそういうものだと思う。

 

 

俺はさっき10人に声を掛けてほとんどがシカトだったwww

 

駅前でちょっと休んでいると、大学生風の男女2:2グループがいて、その男たちが終電を逃させようと必死の攻防を繰り広げていた。女の子の方はかわいいとは言えなかった。

別のところに目をやると、スーツ姿の男が顔なんて見ずに誰かれ構わず声を掛け続けていた。

 

だいたいのところこんなのが事実なんだろうと思う。

 

俺はある程度ナンパの腕があっても、無視され続けるのは仕方ないと思うし、無視されたことを恥じていない。

誰かれ構わず声を掛けようとは思わないし、タイプじゃない女の子をたまたまつかまえて

「スタイル抜群の美女 即」なんて書こうとも思わない。

 

でも実際には手を挙げたもん勝ちだから、ネットの情報は混沌としている。真偽のほどは端から見てもわからない。

 

だからそういう人たちと自分を比べてしまって自信を無くすこともあると思う。

 

自分は顔がよくないから

自分はしゃべりが下手だから

自分には無理なんじゃないか?

 

そう思ってしまうこともあるかもしれない。

 

少なくとも俺は何度もそう思ってきた。

 

朝まで歩き回って何一つ成果が出なかった。

 

でも俺が読んでいたナンパブログの人は毎日のように成果を出していた。

 

俺はなんて雑魚なんだろうと思った。

 

ネット上の情報と自分の現状を比べては自信をなくしていた。

 

でも目標の場所にたどり着いた今なら言える。

あなたはそんなことする必要はない。

 

 

ナンパの真実は、

 

 

街中にだけある。

 

ネット上にあるわけじゃない。

 

ネットの画面の中で誰かと比べたり勝手に負けたり、そんなことには意味がないと思う。

 

あなたはあなたの目の前にあることを信じたらいい。