ナンパのコスパは意外に悪い

ナンパという出会い方はあまりお金がかからないと思っている人がいる。街中で声を掛けて話をするだけならお金は1円もかからない。それがナンパである。

だけど全体を通してお金がかからないわけではない。

 

ナンパは意外にコスパが悪い。

街中で声を掛けてすぐに仲良くなるのは難しいから

大抵の場合飲みに行ったりする。

それだけで安く済ませたって何千円かかかる。

割り勘にしたりトーク次第では全額出してもらうことも可能かしれないが

スムーズに事を進めたいならそんな危ない橋を最初の出会いで渡るのはバカだと俺は思う。

連れ出しの時点で勝ちは決まってるようなものなのに

マイナス点をもらって失敗しにいく理由が見当たらない。

だからそこは声を掛けた男側がスムーズに出しておいたほうがいい。

 

それでホテルに行くとすれば

安くても1万円くらいかかる。

 

クラブに行く人は

クラブの入場料や酒代がかかる。

 

ナンパは数ある出会いの手段としては

お金があまりかからない方法だと思われているかもしれないが

何人もの女の子と遊ぶとなると

その分お金もかかるんだよね。

だから俺はコスパの面から言うと

ナンパは理想的な出会いだとは思わない。

 

ただSEXすることだけを目的にすると

ナンパという活動は意外にコスパが悪い。

 

ナンパとの比較として

ただSEXしたいだけなら風俗に行ったほうがいいと言われるが

ナンパにかかる労力や時間だけじゃなくて

金銭的な面からも大人しく風俗に行ったほうが

コスパがいいような気がしてならない。

 

SEXだけに特化したナンパ師は

低コストで済ませるために

ホテルを使わなかったりホテルの前に行く前にロクに話をしなかったりする。

 

俺はそんなつまんない活動をしたくないから

SEXを一番の目的にはしない。

 

SEXだけを目的にすると

2人でお酒を飲むのも

SEXという目的のためだけに思えて

それで万が一うまくいかなかったときは

何の意味もないように思えてくる。

だけどナンパを通して新しい出会いを生み出して

まだ知らないことを学んで

楽しい時間を過ごすこと

楽しい時間を過ごしてもらうことを

目的にすることができれば

その日SEXすることができなくても

居酒屋で2時間飲んで支払う会計は

意味のあるものに思えてくるはずである。

ナンパという活動の意味はそこにある。

 

ナンパと言うと

即だなんだとそれだけがナンパの全てのように語られている感じがあるが

絶対にそんなことはない。

SEXができるかどうかだけじゃなくて

それまでの過程を楽しめるようなナンパをしよう。

 

コメント