ナンパで無視を減らす方法

ナンパしていると無視が続いて心が折れそうになる時もある。あまりにも無視され続けるもんだから、自分は幽霊なんじゃないかと錯覚を起こすほど。

ナンパにおける無視の認識

ナンパに無視はつきものである。

無視を減らすことはできるけど無視をなくすことはできない。

野球ではどんなに優秀なピッチャーであろうともボールを出す。同じようにどれだけ腕のある人でもナンパでは無視される。

 

無視が多すぎる場合には何か原因がある

でもあまりにも無視が続く場合には何かしらの原因がある。

よく顔がかっこよくないから無視されると思っている人がいるけど、俺は無視されることに関して顔はそこまで関係ないと思う。

なぜって、無視が多い人はそもそも顔すら見られていない場合が多いからだ。

 

挨拶の声が小さすぎる

つまり、

顔を認識される前の段階で失敗しているということ。

その原因の可能性の一つに、

挨拶の声が小さすぎて女の子に届いていないという可能性がある。

 

そんなばかなと思うかもしれないけど考えてみてほしい。

街中っていうのは意外とうるさい。雑音だらけだし、考え事をしていたり女の子の意識だってはいじめから声を掛ける人間に向いているわけじゃない。

 

そこにか細い声で「すみません」と言われても、

 

空耳?

 

と感じてしまってもおかしくない。

 

俺も何度かそんな経験がある。

 

「おつかれー」と言っても無視だったので、

「おつかれー」

「おつかれー」

とまるで定時ピッタリに部下にあいさつまわりして帰る部長のように おつかれーを連呼していたところ

 

女の子が

「私?」と驚いた様子で反応した。

 

俺の声が小さすぎたのが原因か、これが聞こえていないとなると俺は今まで会社で「おつかれさまです」って言っていたの、実は誰にも聞こえてなくて無断退社になってたんじゃないかと少し心配してしまったほどwww

 

視界に入れていない

目の前から声を掛けるならまだしも横とか後ろとかであれば、マジで気付かれていない可能性はある。

視界に入れていないと、あなたがどれだけイケメンだろうと意味がなくなる。

 

だからまず入りの段階では、確実に相手に届くような声量というのもあるし、意識的に相手の視界に入るようにしなければならない。

テンションが低すぎる

あとテンションも大事。

元気なさそうに声掛けると雑魚だと思われて無視されるから。

ナンパをする時は、普段人と接するよりももうちょっとテンションを上げて声掛けたほうがいい。

 

これらのことに気を付ければ無視を減らせると思う。

コメント