ナンパではラス1で全てが変わることがある

マインドセット

ナンパではナンパしようと街に出て1声掛け目で成功することもあれば100声掛けてもうまくいかないこともある。101人目がどうなるかは声を掛けてみなけりゃわからない。

ナンパには目に見えない運やメンタルの要素が大きく関わってくるのはたしか。

 

20人に声掛けて無視ばかりのときの21人目より

しっかりとマインドセットして街に出た最初の1声掛け目のほうが

トークがよくて即までいけることはよくある。

無視が続けば自信を失いやすいから

21人目の声掛けは1人目の声掛けよりも弱弱しくなってしまう可能性はある。

それ以外にも

その日は寒くて声が小さくなっているとか

ファッションが微妙とか自分では気づけない要素がナンパの成功率に影響を与えることはある。

 

だから101人目がどうなるかはわかないけど

100人に声を掛けてうまくいかなかったなら

101人目が失敗する可能性が濃厚だというのは悲しいけど真実である。

 

だけどどんなに優れた洞察力を持つナンパ講師だって

うまくいく可能性を否定することはできない。

 

だから俺たちはそこに女の子がいて

まだ心に火が灯っているなら

101人目に声を掛けるという信念を持ってナンパする必要がある。

 

ナンパを長くやっている人なら誰でも

ラス1 もう無理だと思ってからの最後の踏ん張りが

奇跡を生むことを知っている。

もちろん俺も何度もある。

 

寒くて凍えそうな夜の街でも諦めるないでほしい。

1人街中に立って自分が惨めに思えても諦めないでほしい。

歩きつかれて前に進むのが億劫でも諦めないでほしい。

キモイと女の子に言われても諦めないでほしい。

 

ラス1の奇跡はきっと起きる。

起きると信じて声を掛け続けてほしい。