ナンパした相手とキスできたのに音信不通になったんじゃなくてキスしたから音信不通になったんじゃない?

ナンパテクニック

ナンパする男が女心はわからないという思う理由のひとつに、日によって女の子の言動が180度変わることがあるというのがある。

具体的にはナンパした女の子といい雰囲気になってキスまでいき、後日アポを組もうと思ったのだがラインの反応が悪くてアポを設定できないというケース。繋がるのはまだいいほうで最悪の場合ラインのブロックもある。クラブでも声を掛けて一緒にお酒を飲んでキスまでできて体を密着して踊って楽しかっと言っていたのにアポが設定できない。最悪の場合こちらも音信不通になる。なぜ?おかしい。あんなに親密になったのに…男はこう考え女性不信になる。しかしこれは男の身勝手な言い分に過ぎない。男と女の恋愛では、アクションを仕掛けるのは男のことが多いから、このようなことが起きるのは多少は仕方ない。つまりアクションを起こすタイミングを間違えた結果親密になるどころか警戒心を持たれることになったのだ。女の子がその場の雰囲気に流されただけのこともあるし、キスできたからといって合格点をもらったわけじゃない。

男の言い分ならキスまでできたのにと思うかもしれない、だけどそのキスは彼女のほうからしてきたのだろうか?その日のうちに勝負を決めようと思って、ラポールを築く段階を飛ばしたのではないだろうか?その日のうちにSEXするのは無理だと判断したが、少しでも性欲を満たそうとキスしたり胸を触ったりしたのではないだろうか?もしそうなら女の子側の言い分は、キスしたではなくキスされたになってしまう。そしてそうなったなら、次にもう一度会うこと=キス以上を期待されるということになる。女の子側も乗り気ならそれでもかまわないが、そこまで興味がないならアポ場所へ向かうのは自分から落とし穴に落ちに行くようなものである。要はキスしたのにアポできないじゃなくてキスしたからアポできないというのが正しい認識だと思う。クラブではとくに。女の子は誰でも多少は警戒心を持っている。アポ前にムダ毛を処理し勝負下着に着替え、誰がどうみてもやる気満々であっても、アポに向かう理由はSEXであってはならないのだ。それは男と女の茶番劇のようなものだが、わかっていても口に出さないのが恋愛のルールなのである。だからキスしてたり前戯なりをしてたりすると、まるでSEXされにきたようで受け入れ難いのである。それが通用するのは出会い系くらいなもんじゃないかな。

それを踏まえてどう接していくべきかというと、その日のうちにSEXする後日を狙いにいくかのどちらを選択するかによってやるべきことを変えるとなる。中途半端なのが一番いけない。時間や他の事情で即が無理だと判断したなら、性欲に負けてちょっと楽しもうなどと考えてはいけない。それをやるならあくまでも即を狙いにいって、ダメだったらもうあきらめるくらいの覚悟は必要だと思う。後日アポを組んでの準即を狙いにいくならその場では信頼関係を築いたり興味を持ってもらうことに重点を置いて無駄にベタベタ触るのはやめること。女の子が1人になった時に後悔するかもしれない。変な奴じゃないとわかってもらえたり興味を持ってもらえたりすれば後日アポすることはできるし、アポに来てくれる=SEXしてもいいと思っている可能性が高い。その場の状況や女の子から聞き取った情報で、ゴールを設定してからアプローチを始める。中途半端にアプローチしないこと。戦略を立ててアプローチを仕掛けること。