デートは奢りか割り勘か?もしその気があるのなら投資資金は取り戻すことができる

雑記

女の子に生活の面倒をみてもらって生活しているヒモと呼ばれる男がいる。表面的な話を聞けば羨ましく感じることもある。彼らは彼らなりに大変なんだろうが。

デートに誘うのは男の役目、それで誘ったんだからデート代は男が支払うべき、ホテル代も男が持って、女の子にサプライズでプレゼントを渡すこともある。

なぜ男ばかり?と嘆けば、女の子は洋服代なりいろんなものにお金がかかるからその分男が支払ってくれといったふうによくわからない理由で納得させられる。

今の若者はさ、一部を除けば給料だって男女間でそこまで変わらないだろう。

なぜ男ばかり?こんなふうに嘆き、嫌気がさし、恋愛から遠のく男たちもいる。

 

男が奢るべきか?割り勘にするべきか?論争は長年に渡って激しく議論され、今もフワフワと宙に漂っている状態だ。

一応は男側のはっ?いつもおごりとか意味わかんねえよという意見とまぁ彼氏かわいそうだしとかもうバブルの頃とは違うしとかいった意見もあってか、割り勘派が勢力を伸ばしているように思える。

しかし、今でもなお奢り派の女の子はその勢力を保っており、明日我々が出会う女の子が熱狂的な奢り派信者でないとも限らない。

万が一奢り派信者に当たってしまった時に、割り勘でいい?などと冗談でも聞こうものなら、最終的に全て我々が支払うことになろうとも、その女の子の感じた違和感は消えることはなく、キスはおろか、別れた直後にSNSで犯罪者かというほどに隠し撮りされた間抜けな写真と共に罵詈雑言を並びたてられるかもしれない。

あーこわいこわい。

 

そんなことするような女はこちらから願い下げだが、我々にしたって数千円のやりとりでそんな目にはあいたくない。真実を言えば、おっぱいさえ触れたら奢りか割り勘かなどどうでもいいのであるw

であればわざわざ大人しく眠っている相手の違和感のスイッチを押してしまうなどといういらないやりとりは避けるのが正しいデートの作法ではなかろうか?

たとえ相手の女の子が今の時代は割り勘でしょ?と言おうとも、その子と数時間前に出会ったばかりで人間性がわからない時は、その子が思っていることと全く逆のことを口に出してしまうという奇妙な癖を持っている可能性も否定できないから、うるせえ奢るよと男らしく決めたほうが吉だろう。

 

奢られて悪い気がする子はいないだろうから。しかしそれじゃ納得できないという人もいるだろう。

女の子にも奢ってもらわないと気が済まない。男と女の逆転を夢見る人もいるかもしれない。そんな人のために言っておくと、その気になれば投資資金は取り戻すことが出来る。

 

それは女の子の習性を考えてみればわかる。女の子というのは、男のように単純ではなく出会って瞬間的に好き、大好き、やりたいとなるわけではない。相手のことを知って、関係性の階段をのぼっていく生き物である。

男はSEXするとどうでもよくなり女はSEXの後に好きになると言われている。

 

これを考えればなぜ男が最初にデート代を持たねばならないかがわかる。

なぜならSEXの前の段階では男の気持ちが女の子の気持ちに対して強すぎるからである。

だから男は女の子に嫌われないように細心の注意を払い、女の子の興味を引き付けておくためにプレゼントを送ったりする。

しかしそんな男の役目もSEXするまでである。

 

そしてもしも女の子が女の子の習性に従ってSEX後の男を好きになり、つなぎ止めておきたいと思ったなら、その気になれば立場を逆転することができる。

ヒモははじめからヒモであるわけではない。ふつうの魅力的な男と同じように女の子にアプローチして、その後しかるべきタイミングで興味を引く役目を女の子と入れ替え、女の子を教育することによってヒモとなり得るのである。詳しく興味がある人は鍵英之氏の本なんかが参考になるんじゃないだろうか。