クラブのフロアでナンパするのは20代まで。30代からはVIP必須

クラブナンパ

10代のナンパと20代のナンパ、そして30代、40代のナンパでは、戦い方はまるで異なる。

ある程度のノリの良さはいつでも必要になるけど、それでもそういう勢いだけで何とかなるのは10代や20代までだ。

歳を重ねていくにつれて女性側から求められるものが変わってくるため、モテたいと思うならその求められているものに自らをマッチさせていく必要がある。

たとえば食事代は奢るのかそれとも割り勘かというテーマ一つをとっても、10代20代と30代40代とでは見解が異なる。

 

俺は絶対的に奢るべきだと考えているけど、20代であれば必ずしも奢らなければならないわけではない。「半分払う」と自ら言ってくれる女の子は多いし、俺はもらったことはないけど。

べつにそれを受取ろうが受け取らまいがそこまで結果に違いがあるわけではない。

 

だけど30代や40代ではまた話は変わってくる。

 

これはよく言われていることだけど、奢る奢らないということ自体は正直言ってそこまで重要なことではない。女性側にしてみれば、そもそもそんなことで悩むこと自体た、ちっぽけで器のちっさい奴であることの証明なのだ。

 

奢るということそれ自体は、エレベータの扉を開けて先に女性をおろすのと同じくらい何でもない話なのだ。

そういうことに特別こだわる奴は、そもそも女の子と遊ばなければよいのでは?と思う。

 

俺は無職で無収入の時代であっても、食事代、ホテル代、おまけにタクシー代まで支払っていた。これまた無職の時に、ナンパした女の子と遊ぶために4日間で10万円以上使ったこともあった。日々の生活に困っていたのにも関わらずw その当時の俺にとっての10万円と言ったら、1億円持っている奴にとっての6000万円くらいの価値を持っていたのにだw

 

それはお金はいくらでも取り戻せるということを知っているからでもあり、また、小さい人間になりたくなかったということでもある。

 

そういうのもあって、俺は基本的に支払いは男が持つべきだと考えている。

 

そうそう、クラブナンパの戦略の話だった。

 

 

クラブナンパのフロアでノリの良さで勝負するのは、20代までだと俺は思っている。

 

 

なぜって、フロア内で若者と競い合うのは分が悪い。ライバルが多すぎて効率が悪いし、女の子の方だって、内面が見えていないうちは若くてカッコイイ男のほうが魅力的に感じる。

 

フロア内でのナンパは、営業にたとえるなら飛び込み営業だ。

押し売りっていうのかな。めちゃくちゃ効率が悪い。こういうのができるのは体力と情熱があるうちだけだ。

 

30代からは引きの営業ができるようにならなければならない。

押しで売るのではなく、相手が求めている価値を提示したうえで、相手の方から手を挙げてもらえばよいのだ。そうすれば営業はめちゃくちゃ簡単になる。

 

そしてその手段がVIPを使うということである。

 

20代の頃に押しの営業で鍛えたスキルがあれば、30代で引きの営業に移った時にめっちゃ余裕で戦えるから。