エロ禁なしのオナ禁最高日数60日の俺がオナ禁日数を延ばす秘訣を公開する

オナ禁に失敗し続け、それでもあきらめずに続けた結果俺がたどりついた答えとは?

 

エロ禁なしのオナ禁で60日

エロ禁なしのオナ禁で最高60日を達成した俺がたどりついた1つの答えがある。

それはオナ禁の達成には現実感が必要というものである。

この記事では俺がたどりついたこの結論について説明していこうと思う。

 

その前にまず触れておきたいのが、エロ禁というキーワードである。

エロ禁をしたほうがいい・しないほうがいいというオナ禁的なアドバイスは今回はスルーさせてもらうが、俺が主張したいのは、オナ禁の効果が出ないというリスクをおかしてまで、あえて難易度の高いエロ禁をしないオナ禁に挑むという俺の男らしさについてである。

念のため言っておく、俺はエロ禁できなかったんじゃない。エロ禁をしなかったんだ。そこを理解してもらったところで話を進めよう。

なぜオナ禁が失敗するのか?

そもそもなぜ我々はオナ禁に失敗するのだろうか?

大の大人である我々がだ。

 

中学生・高校生が思い悩むならまだしも、我々は社会に出て働いている身分だぞ。契約を取るために客をべた褒めし、上司にゴマをすり、女の子の前ではクールに決めている我々が、実のところオナニーがやめられずに悩んでいるなんて、こんな悩み一体誰に相談すればいいのだw

これはあまりにも滑稽ではないかw

自慰行為が悪いことだと説くつもりはない。

悪いのは、自分をコントロールできないことなのだ。

 

それではオナ禁が失敗する理由を考えてみよう。

依存

我々はすでに依存状態に陥っている。1日に最低1回は必ずするという言う場合には習慣化されてしまっているし、1日に数回、そして「やめたい」と思っているのにもかかわらずやめられない場合には、まさに依存状態にあると言っていいだろう。

俺は過去にタバコの禁煙に成功したが、その時もめちゃくちゃ苦しんだ。タバコの依存性は半端ないと言われている。

 

依存状態はたぶん脳によって作られるのだと思うが、これを断ち切るのは正直相当な覚悟がいる。

 

我々の脳はすでに「オナニー=気持ち良いこと」という記憶を刻んでしまっているため、これを断ち切るには意識の改革が必要になる。

あまりにも暇すぎる

暇すぎるというのもオナ禁の失敗になり得る。

「なんもすることねー」

→とりあえずスマホをいじる

→仕事や人生のことを調べているうちに、なぜかエロサイトへ

→めっちゃいい動画あるじゃん

→「でもオナ禁中だし」

→「まぁ明日からまた頑張ればいいか」

→自己嫌悪に陥る。

「まさに人生はメリーゴーラン〇」

あまりにも現実感がなさすぎる

冒頭で少し触れた理由である。

どういうことかと言うと、「オナ禁をするとモテる」とか「彼女ができる」とか言われても、自分の現状を考えたらあり得ないと気付いてしまって、オナ禁 < 一時の気持ちよさ の図式ができあがってしまうのである。

 

これに関してはわかりやすく説明するために俺の経験談を話そうと思う。

 

長期的なオナ禁を達成した時と短期間で失敗した時に俺が置かれていた状況はこうだ。

 

・長期的なオナ禁に成功

魅力的な異性のいる環境で生活していた。

・短い時は1日、長くても3日くらいで失敗していた

無職

 

この2つを比べて、オナ禁の成功には何が必要なのかおわかりいただけただろうか?

 

そう、答えは簡単、身近な異性である。

 

異性にモテるという言葉は抽象的すぎる

オナ禁の効果として、異性にモテるようになるということが言われている。

オナ禁に挑戦する多くの人が、たぶんこの効果を多少は欲すると思うんだけど、これこそがオナ禁に失敗する原因でもあると俺は思う。

 

異性にモテるという言葉は、一見すると誰にでも当てはまるように思える。

職場に異性がいない人でも、電車に乗れば必ず異性はいるし、近所のコンビニに行くだけだって異性に会う。

だから異性という括りなら、誰にでもそれは当てはまる。

 

だけど問題は、オナ禁をしただけで突然街中の異性に逆ナンされるなんてことはそうそうないってことだ。

そしてもっと問題なのは、オナ禁をしただけで突然異性にモテるようになるというお気楽な思考を、オナ禁の効果が現れるといわれる30日を過ぎるまで、我々自身が持ち続けることができないということである。

 

それで我々はたいていの場合、一時の気持ちよさに流れる。

 

我々にできること

ではどうすればオナ禁を成功させることができるのか?

 

失敗する原因とそれに対応して解決策がこれだ。

 

依存に対しては恐怖で立ち向かう

これはタバコやお酒をやめる時にも使える方法だが、「これをやると失う者」をリストアップし、それを心から信じるのだ。

オナニーの害に関してはネット上にたくさん転がっている。

  • 抜け毛
  • ニキビ
  • 目つきが悪くなる

 

それが本当かはそこまで重要ではない。大事なのは本当だと自分が思い込むことである。

暇すぎるに対しては忙しくするで対応する

そのまますぎて書いている俺自身が恥ずかしくなるほどだ。

あなたも経験があるかもしれないが、忙しいと余計なことをする時間がなくなるし、疲れて家に帰ってもすぐに寝てしまってオナニーになんてしている時間はなくなる。

しかも忙しいと、大変なはずなのになぜか充実するし、有効的なことに時間を使えば生活も向上する。まさに一石二鳥。

魅力的な異性のいる環境に行く

本当にオナ禁を成功させたいなら、「異性にモテたい」という曖昧な目標を持っているだけではダメだ。

魅力的な異性のいる環境に行き、異性と接する必要がある。

 

大事なのは、オナ禁日数が増えるにしたがって、「あれっなんか最近よく話し掛けられるな」というような実感を持つことである。

必ずしも特定の好きな人がいる必要はないが、少なくとも街中の異性とか電車の異性とか、名前の知らない不特定多数を目標にしてはいけない。それでは現実感を失ってしまうからである。

 

職場に異性がいなければ、アルバイトをしよう。習い事をしよう。とにかく継続的に同じ異性に会える環境を作ろう。現実感を得られれば絶対にオナ禁は続く。

 

ちなみに俺の経験上、オナ禁の日数とナンパの成否は関係ない。

 

おわりに

長々と書いてしまったが、俺が言いたいのはフワフワとした目標をつかむのは難しいということである。

ここまで書いておいてこんなことを言うのもアレだけど、オナ禁の成功って何だよ?ってマジで思うww

日数を延ばしたら成功なのか?モテたら成功なのか?

それはよくわからないけれど、俺の中での1つの定義として「自分に打ち勝つ」というのがある。

多くの男や過去の俺ができないことを、今の俺が超えていく。オナ禁の意味はこの点にあると俺は思っている。

コメント