なぜアラサー女子は火遊びを嫌うのか 期待しなくなっていく人生

女性について

「もうそういうのはやめた」「自分の価値を落とすようなことはしたくない」

 

アラサー女子は火遊びを嫌う。もちろん皆が皆そうではないが、アラサー女子は比較的この傾向にある。

 

それはきっと要するに、何かをする前から結果が見えるようになってしまったことの結果なのだと思う。

 

アラサー女子は火遊びを嫌う

ナンパでアラサー女子を相手にする場合には、多少の未来を見せる必要があると思う。

未来というのは、ド直球に結婚というのもそうだし、そこまで大きな話じゃなくて、次もまた会おうとか、気が合えば付き合いたいという類の話だ。

 

話す内容もその場限りの薄っぺらい雑談じゃなくて、どういう恋愛観を持っているとか過去の恋愛遍歴、仕事について、家族のことなど、少し踏み込んだ話をする必要がある。

 

逆に言うと、これに反して薄っぺらい話ばかりをすればもれなく「NO」を突き付けられることになる。

 

20代前半くらいまではワンナイトラブに寛容

20代前半くらいまでは比較的ワンナイトラブに抵抗感のない人が多い。

薄っぺらい話でもその場をやり過ごすことは可能だし、1晩を過ごした後に2度と連絡をしなくたって、それで何か問題になることもない。

 

彼女たちの心境の変化

ところがアラサー女子は違う。

 

いったい彼女たちに何があったのか?

 

その答えを探る前にまず考えておかなければならないことは社会からの圧力だ。

 

 

 

人は物事を自分自身で判断していると思いきや、実際にはほとんどの場合、誰かが勝手に決めた常識に支配されて生きている。

 

たしかに子どもを産める年齢という物理的な制約は存在するかもしれない。だけどその他の制約なんてものはそんなにない。

 

それなのに、多くの人たちは一般的な世間の意見に過ぎない「30までには結婚」を真に受けて焦っている。

 

 

もちろんこれは単純に「常識」とか「洗脳」とかいう問題ではない。

 

 

たとえば婚活市場では30歳を超えた女子よりも20前半女子のほうが需要がある。それは事実だし、何よりも彼女たち自身がそれをわかっているだろう。

 

だから単純に女子側の問題ではないというのはわかる。

きっと「若さ」に重きを置きすぎている男側の問題でもあるのだろう。

 

アラサー女子は無駄を経てきている

それらを踏まえたうえで、アラサー女子が火遊びを嫌う理由のひとつの答えとして、彼女たちが経験を積みすぎているということがある。

 

たぶん彼女たちはあまりにもバカを見過ぎているのだ。

 

優しくない男、顔だけで中身のない男、浮気する男、身体目的の男。

 

いろんな男を見てきた結果、今目の前にいる男が「将来を約束してくれる男なのか」それとも「身体だけが目的のダメ男なのか」がわかるようになってしまったのだ。

 

 

男側にしてみれば、「減るもんじゃないし1回くらい良いだろ?」と思うかもしれない。

 

だけど彼女たちにしれみれば、「もう今すぐにでも結婚しなければならないこの瞬間に、無駄な夜を過ごしている暇などない」のだ。

 

俺たちは期待しなくなっていく

俺たちは毎日の生活の中でいろんなことに挑戦して、そして痛い目をみて、少しずつ期待しなくなっていく。アラサー女子だけじゃなくて、俺たち大人は皆そうだ。

 

風俗好きの男の多くは、「フリーは外れを引く可能性が高い」ということを知っているだろう。

AVをパケ買いするとロクなことがないというのも、多くの大人の男が知っているだろう。

 

 

それと同じように彼女たちもまた、「男は裏切る」といういうことを知り、期待しなくなっていく。

 

 

恋多き女子なら誰でもきっと「男は浮気をする生き物である」ということを知っている。

ナンパ男が「ヤッたらさよなら」ということを知っている。

 

彼女たちには未来が見えているのだ。

アラサー女子じゃなくても未来が見えるかもしれないけれど、もしもまだ若ければ、一晩くらい空しい夜を過ごしたところで、「またたっぷり時間はある」と余裕を感じることができる。

でもアラサー女子にはそんな余裕はない。

 

だからアラサー女子は火遊びを嫌うのだ。