おじさんが街中でナンパしていた?

ナンパっていうと若くてチャラチャラした奴がやるようなイメージがあると思う。もちろんそういう奴もいるけど、中には40代や50代といった人たちがいることも事実。

街中でナンパしていると、あいつただの通行人じゃないなってやつがわかるようになってくる。

スカウトとか同じようにナンパしている人とか。

俺はこういうのに敏感だからたまに聞くような、俺の縄張りを荒らすなみたいな状況になったことは一度もない。スカウトの人たちは仕事でやっているから気性が荒い傾向にある。話したことないからわからないけどwww

命懸けっていう点ではお互い様なんだけど、なんかスカウト>ナンパみたいな謎の図式が出来上がっている感はあるwww

俺らの縄張り荒らすなとかまぢ知るかwww

だけどわざわざ喧嘩してもいいことは何一つとしてないから気を付けたほうがよし。

 

だいたいスカウトかナンパかっていうのはわかるもんだけど、経験上ナンパしている人はふつうっぽい人が多くて、スカウトの人は玄人感が半端ないwwwスカウトが好きそうな女の子も慣れるとわかるようになってくるから、スカウトが多いところでやる時にはそういうタイプを避けるってのも大事。

 

慣れればそういう街中の暗黙のルールみたいなものがわかるようになるんだけど、たまーにどっちなんだ?という謎な光景もある。

 

ある時、スーツを着た白髪頭の60代くらいの男の人が駅前で声を掛けていた。次々に駅まで道行く女の子に声を掛けていたわけじゃなくて、俺の前を歩いている女の子に声を掛けていたのを俺が見かけたという次第。

 

これはナンパか?と俺は思った。

 

おじさんが?

 

俺はうまくいかないだろ?というバカにした思いよりも、尊敬の念を抱いた。

 

すごい。

 

ナンパだってまだ確定したわけじゃないけど、おじさんすげえよ。その歳になっても街中でナンパとか熱すぎる。最近の若者は若くてエネルギーがあってもナンパできないのに、おじさんすげえよ。頑張れ。

 

ところがおじさんは女の子とほとんど会話できずに終わった。あぁー

どんまいおじさん。

 

ここまでが普通の人が見た街中の不思議な光景。

 

ここから先はナンパができたから知ったこと。

 

俺を誰だと思っているんだ?

 

俺はナンパができる。

 

そして俺はおじさんがどういう声の掛け方をしたのかが気になっていた。

 

本当にナンパなのか?

お金あげるから的なあれなのか?

ただ道に迷って困っていただけなのか?

 

気になりすぎた俺は後学のためにその女の子に声を掛けてみることにした。

 

よし早速行ってみよう。

「おつかれー」

俺はその女の子に声を掛けた。

 

いつも通りであれば俺もシカとされてめでたく終わるところだが今回は違った。

こちらに顔を向ける女の子。

「今おじさんに声掛けられてたでしょ?」

「えっ?」

「なんか君に話してたよ」

「うそ?気付かなかったwww」

 

 

おじ・・・さん・・・

 

俺は女の子と話しながら夜空を見上げて少し泣いた。おじさん 声届いてなかったぜ? ナンパではまず相手に確実に声を届けることが大事なんだ。声を届けなければ、どれだけイケメンだろうと金持ちだろうとゲームは始まらないんだ。道に迷っていて目的地の場所を聞きたいのだとしてもそれは同じだ。

 

結局おじさんがナンパしていたのかはわからず。

 

ナンパって何歳までできるんだろうか?

 

歳をとっていくと確実にナンパの反応は鈍くなる。テクニックで補えるという人もいるけど今の俺にはわからない。

 

ただあの時のおじさんのあれが、ナンパだったらいいなってなぜか思う。

コメント