あなたは自分はもしかしたら結婚できないかもしれないと思っていませんか?

人生について

あったぶん結婚できないですよ。注意:この記事の内容は「大丈夫ですよ。あなたは結婚できます」という内容の記事ではありません。現実を受け止めたくない方は読まないことをおすすめします。

根拠のなさすぎる自信

なぜかはわからないけど子どもの頃ってたぶん、ほとんどの人たちが「自分はきっと人生のベストなタイミングで結婚できる」と思っていたと思うんだ。

どうでしょう?

男は女に比べて結婚についてそこまで夢を持っていないから、きっとそこまで意識はしていないだろうけど、それでも子どもの頃って、ほとんどの人たちが「ただ生きてさえいれば自分はそのうち結婚できる」という全く根拠のない自信があったんじゃないかと思う。

 

少なくとも俺自身はあった。

 

何の根拠もなかったけど、生きてさえいれば自然とかわいい彼女ができて、何人目かの彼女と結婚するんだと思っていた。

 

だけどさ、俺自身もそうだしまわりの知人・友人を見てみると、皆全然結婚していないんだよね。東京という土地柄と俺がまだ20代だからというのもあるかもしれないけど…

 

でもさ、たとえば今日「彼女がほしい」と居酒屋で嘆いていた奴が、30歳になった時に結婚している姿が俺には全く想像できない。

今日モテなかった奴は明日もモテない

人生ってなかなか1日や2日で劇的に変わることってない。

甲子園の出場が決まったり、M-1グランプリで優勝したりすれば、1夜にして劇的にモテるようになるかもしれないけど、現実にはそういうのは稀で、たぶん今日モテずに眠りについた奴らは、明日もモテないまま目を覚まして、モテないまま1日を過ごして終える。

そういうモテない毎日が繰り返されて、10代から20代になり、そして30代になり、40,50,60になって、やがて1人寂しくこの世を去っていく。

今日と明日はたしかに違うけど、明日は今日の延長であることに変わりはない。朝起きたらイケメンになっているなんてことは有り得ないし、コミュニケーション能力が飛躍しているなんてこともない。

 

だから今日をモテずに終えた奴らは、明日もまたモテずに目を覚ます。

 

何もしなければ何も変わらない

俺がこの事実に気付いたのは高校生の頃だった。

中学生の頃は、たまに好きと言ってくれる人がいたりしたから(好きじゃなかったし、付き合うとかよくわからなかったので断った)、ただ待っているだけで良いと漠然と思っていた。

自分から誰かに告白するなんて発想は一切なくて、ただ待ってさえいれば自然と好きな人と結ばれるのだと思っていた。そんなふうに楽観的に考えていて、

 

そして、

 

そして俺は誰とも付き合えずに卒業を迎えた。

 

 

 

何もしなければ何も起こらなのだと気付いた

卒業してやっとわかった。

「俺は待っているだけじゃ幸せになれないんだ」と気付いた。

 

待っているだけで何でもうまくいくような人間じゃないということに、俺は中学の3年間ある1人の女の子に片思いし続けてようやく気付いた。

 

 

それから俺は、高校に入って初めて自分から女の子に告白した。

 

そしてフラれた。

 

 

 

フラれたけど、その瞬間俺の人生は変わった。

 

婚活に人生を賭ける女性

俺の知人に、婚活に人生を賭けている女性がいる。人生を賭けるというと大げさだけど、女性にとって30代までに結婚するということはすごく意味を持つことだと思うから、そういう意味で、彼女は今人生の一番の優先順位を婚活に置いている。

 

ある時彼女は俺に言った。

「(こんなに頑張って)笑えるでしょ?」と。

 

俺は思った。

(もしもお前のことを笑う奴がいたらぶっ飛ばしてやるよって)思っただけで言ってはいないw

 

だけど本当はそう思うだけじゃなくて、もっと言うと彼女に言うだけじゃなくて、俺は全世界に向かって言いたい。

 

俺は彼女がほしくて相席屋に通いつめたり、街中で声を掛けて無視されたり罵声を浴びたりしている男たちに、そして、どうしても結婚したくて毎週街コンに通ったりお見合いに行ったりしている女たちに言いたい。

俺はあなたたちのことを絶対に笑えない。というか俺も一緒に戦うから。

 

何もしない奴は結婚できない

彼らや彼女たち、そして俺が、この先結婚できるかどうかはわからないけど、ただ1つ言えることがある。

それは俺たちは結婚できるかもしれないけど、何もせずに人のことを笑ったり待っていたりするだけの奴らは、たぶん結婚できないということだ。

だって今日モテなかった奴は明日も変わらずモテないのだから。

 

だけど今日少しでも何かをした彼や彼女たちは、そして俺やこのブログを読んでくれているあなたは、もしかしたら明日を変えられるかもしれない。それはきっと真実だと思うんだ。